鶴見区版 掲載号:2018年2月15日号 エリアトップへ

市消防局 短編映像を募集 テーマは「防災・減災」

文化

掲載号:2018年2月15日号

  • LINE
  • hatena

 「横浜市民防災センター映画祭2018 第2回ショートムービーコンテスト」の応募作品を市消防局が募集している。

 今回のテーマは「大地震への備えが意識づけられる映像」や「昨今、頻発するゲリラ豪雨や台風などの風水害から身を守ることができるように意識づける映像」「火災を起こさない対策や火災発生後の適切な行動がとれる映像」など「防災・減災」。

 作品は本編が15分以内であることが条件で、実写やCG、アニメなどジャンル、制作年度は問わない(他の映像コンペティションや映画祭などで受賞歴のある作品の応募は不可)。

 応募の受け付けは3月16日(金)までで、事務局が設置する審査委員会が金賞1作品、奨励賞3作品を選出する。金賞作品は同センターの「災害シアター」で上映されるほか、7月にフィリピンで催される防災イベントでも上映される予定となっている。

 応募方法など詳細問合せは同センター映画祭事務局【電話】045・312・0119へ。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

19日に臨海フェス

19日に臨海フェス 社会

ゲームや模擬店ずらり

10月17日号

次世代に伝える地元文化学ぶ

次世代に伝える地元文化学ぶ 文化

「田祭り」テーマに

10月17日号

チェロの舞台 20日に

小山さん 叙勲祝賀に250人

小山さん 叙勲祝賀に250人 社会

関係者ら貢献に感謝

10月10日号

「思いやり大切に」

鶴見区高齢者交通安全大会

「思いやり大切に」 社会

一日署長・森田さん呼びかけ

10月10日号

SDGsで県と連携

区内4社

SDGsで県と連携 社会

パートナー登録

10月10日号

鶴見の近現代をひも解く

鶴見の近現代をひも解く 文化

郷土史展 15日から

10月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク