鶴見区版 掲載号:2018年2月22日号 エリアトップへ

生麦盛り上げ隊の隊長として、まちゼミを企画する 松野 良明さん 生麦在住 33歳

掲載号:2018年2月22日号

  • LINE
  • hatena

燃える商魂で切り拓く

 ○…商店主が持ち前の知識や技術を教える街角のミニ講座として、全国に広がっている「まちゼミ」。昨秋、区内初の企画を持ち込んだ仕掛け人。参加18店舗で団体を設立し、現在は4月に控える第二回目に向け奔走する。「一回目はお客さんの満足度100%だった。僕の講座はダメだったけど」。そう笑いつつ、参加店のつながりができたことを喜ぶ。

 〇…生麦で70年続く理容店の3代目。「継いでほしい」と言われたことのなかった家業。楽しそうに働く両親の背中を見て、自然と決めていた。高校卒業後、専門学校を経て、東京の店舗で5年間修行。実家に戻り、自分の仕事が落ち着いたころ、活気のなくなったまちの様子に気づいた。結婚、子どもの誕生、店のリニューアルなども相まって、芽生えた将来への危機感。「何とかしなくては」と強く思っていたとき、出会ったのが「まちゼミ」だった。定休日にたまたま参加したセミナー。生みの親である松井洋一郎氏の言葉で、商魂に火が付いた。

 〇…「土台となる自分の店が良くないと、まちを盛り上げることはできない」。オリジナル商品の開発などにも取り組み、個人店においても働き方改革に着手。年間休日を3年で20日以上増やし、昼休みも作った。それでも、本業以外に収入の柱を作り、「売り上げは減らしていない」と胸を張る。「子どもが出来たことが大きい。親父がんばらなきゃなって」

 〇…周辺80店を一人で説明して回った一回目。今回は大企業も参加が決まり、少しずつ前進している。少子高齢化で衰退の進む商店街。「まちゼミ」をツールに、もう一度盛り上げたいと願う。大型店で全て揃う時代。「それはそれでメリット。でも商品一つ一つに売り買いの理由がある」。1cmのカットで体感気温は1度下がる。だから夏は短くがいい――そんな話は個人店だからこそ。まちの活性化を望むのは皆同じ。熱い商魂を地域にも広めていく。

鶴見区版の人物風土記最新6

金子 剛士さん

鶴見神社の3代目宮司に就いた

金子 剛士さん

鶴見中央在住 54歳

6月30日号

大谷 千惠子さん

つるみ背守り会で土台となるさらしの台紙を長年作り続ける

大谷 千惠子さん

豊岡町在住 86歳

6月23日号

高橋 博之さん

横浜市鶴見区社会福祉協議会の事務局長に就任した

高橋 博之さん

鶴見中央在勤 53歳

6月16日号

松本 智さん

鶴見図書館の館長に就任した

松本 智さん

馬場在住 60歳

6月9日号

高岡 俊之さん

今年度の神奈川県弁護士会会長を務める

高岡 俊之さん

中区在住 60歳

6月2日号

間瀬 なのはさん

パリ五輪ブレイキン強化指定選手に選出された

間瀬 なのはさん

岸谷在住 15歳

5月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook