鶴見区版 掲載号:2018年3月1日号 エリアトップへ

反射材で事故防止 シァルで交通キャンペーン

社会

掲載号:2018年3月1日号

  • LINE
  • hatena
ミニ白バイを体験
ミニ白バイを体験

 事故防止のため反射材の活用を促す交通安全キャンペーン(鶴見警察署ら主催)が2月16日、シァル鶴見の屋上であった。

 反射材とは光がどのような方向から当たっても光源に向かってそのまま反射する素材で、夜間の歩行者の発見に効果的とされる。

 当日はミニ白バイや反射神経測定器が用意され、家族連れの買い物客らが楽しんだ。子どもらが祖父母に贈るための手作り反射材コーナーも設けられた。

歩行者の死亡事故多数

 県警察によると、昨年、県内の交通事故死者数全体の47%を高齢者が占め、このうち64%が歩行中だったことから、2月15日から24日まで反射材直接貼付強化旬間とし、反射材の活用を呼び掛けた。

 昨年、鶴見警察署管内の交通事故発生件数は680件で、高齢者が関係する事故は221件と全事故の33%を占めた。事故による死者数は全体で6人に上り、そのうち高齢歩行者は3人だった。同署は「夜間に出歩く時は反射材を身につけてほしい」と話した。

鶴見区版のローカルニュース最新6

オンラインで防災会議

【Web限定記事】横浜市鶴見区

オンラインで防災会議 社会

コロナ禍の災害を想像

5月21日号

医療物資を市に寄贈

【Web限定記事】国際ロータリー第2590地区

医療物資を市に寄贈 社会

新型コロナ対策

5月21日号

医療と経済に重点配分

【Web限定記事】横浜市 補正予算

医療と経済に重点配分 政治

林市長、コロナ対策語る

5月21日号

食の支援、寄付を募集

【Web限定記事】横浜市社協

食の支援、寄付を募集 社会

6月15日まで

5月21日号

“持ち帰り”に目印

“持ち帰り”に目印 社会

潮田 飲食店にボード設置

5月21日号

困窮学生の生活、学習を支援

困窮学生の生活、学習を支援 社会

鶴大、商大が給付制度新設

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月8日15:42更新

  • 4月25日21:27更新

  • あっとほーむデスク

    4月17日20:51更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク