鶴見区版 掲載号:2018年3月1日号 エリアトップへ

反射材で事故防止 シァルで交通キャンペーン

社会

掲載号:2018年3月1日号

  • LINE
  • hatena
ミニ白バイを体験
ミニ白バイを体験

 事故防止のため反射材の活用を促す交通安全キャンペーン(鶴見警察署ら主催)が2月16日、シァル鶴見の屋上であった。

 反射材とは光がどのような方向から当たっても光源に向かってそのまま反射する素材で、夜間の歩行者の発見に効果的とされる。

 当日はミニ白バイや反射神経測定器が用意され、家族連れの買い物客らが楽しんだ。子どもらが祖父母に贈るための手作り反射材コーナーも設けられた。

歩行者の死亡事故多数

 県警察によると、昨年、県内の交通事故死者数全体の47%を高齢者が占め、このうち64%が歩行中だったことから、2月15日から24日まで反射材直接貼付強化旬間とし、反射材の活用を呼び掛けた。

 昨年、鶴見警察署管内の交通事故発生件数は680件で、高齢者が関係する事故は221件と全事故の33%を占めた。事故による死者数は全体で6人に上り、そのうち高齢歩行者は3人だった。同署は「夜間に出歩く時は反射材を身につけてほしい」と話した。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

19日に臨海フェス

19日に臨海フェス 社会

ゲームや模擬店ずらり

10月17日号

次世代に伝える地元文化学ぶ

次世代に伝える地元文化学ぶ 文化

「田祭り」テーマに

10月17日号

チェロの舞台 20日に

小山さん 叙勲祝賀に250人

小山さん 叙勲祝賀に250人 社会

関係者ら貢献に感謝

10月10日号

「思いやり大切に」

鶴見区高齢者交通安全大会

「思いやり大切に」 社会

一日署長・森田さん呼びかけ

10月10日号

SDGsで県と連携

区内4社

SDGsで県と連携 社会

パートナー登録

10月10日号

鶴見の近現代をひも解く

鶴見の近現代をひも解く 文化

郷土史展 15日から

10月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク