鶴見区版 掲載号:2018年3月8日号 エリアトップへ

横浜商科大学生 “駅ハイ”のコースを企画 鶴見の魅力を発信

教育

掲載号:2018年3月8日号

  • LINE
  • hatena
佐々ゼミのメンバー
佐々ゼミのメンバー

 JR東日本が企画する地域の魅力を楽しむためのウォーキングイベント「駅からハイキング」。区制90周年を記念し、横浜商科大学の学生が鶴見駅からのコースを企画。正式に採用され、3月末まで実施されている。

 駅からハイキングは、JRの駅をスタートとゴールとする参加無料のウォーキングコース。季節ごとにコースは更新される。

 学生が企画する駅からハイキングは、県内では3年前に県立二宮高等学校が行って以来2回目となる。

 起業家や経営後継者の育成に取り組む佐々徹教授のゼミ生約40人が6つのグループに分かれ、「鶴見の魅力を伝えるコース」を企画。実際に地域を回りながら、3カ月かけて区内の史跡や観光スポットを調査し、昨年7月に行われたコンペで最優秀賞に選ばれた「歴史」と「坂」をテーマにした2チームの合体コースが正式に採用された。

歴史と自然に注目

 企画は鶴見駅をスタートし、馬場花木園や大本山總持寺を通る歩行距離約13・5Kmのコース。歴史や自然を楽しみ、鶴見の工業都市というイメージとは異なる側面を発見できることをコンセプトとしている。

 歴史をテーマとしたチームの代表・中司拓馬さんは「時間の流れを忘れ、ゆったりできるようなコースになっているはず」と話す。

 地域を回っているうちに坂が多いことに注目し、区内の坂を中心に調べたチームの代表・城戸颯人さんは「観光スポットでない場所に目を向けた。なにげない道の魅力を伝えられたら」とコメント。

 また、同大学独自ブランドのグッズ販売などに取り組む吉田隆弘教授のゼミでは、参加者に配布する無料の景品を制作。参加中に拾った花や葉などをしおりにできるキットを考案した。

 2月24日から実施された同コースは初日だけで302人が参加。JRの担当者は「想定以上に多い数字」としている。

鶴見区版のトップニュース最新6

他公共施設の5倍の利用

横浜市EV公道充電器

他公共施設の5倍の利用 経済

実験1年、月平均259回に

6月30日号

災害時の子ども守る一冊

(一社)保育の寺子屋藤實さん

災害時の子ども守る一冊 社会

元消防職員 ハンドブック作成

6月30日号

県民功労者に区内2人

県民功労者に区内2人 社会

地域医療、伝統芸能で貢献

6月23日号

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 政治

市、若年層啓発に注力

6月23日号

防災、多文化推進に重点

防災、多文化推進に重点 経済

鶴見区 運営方針を公表

6月16日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook