鶴見区版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

鶴見から東北へ祈り 總持寺で区民ら復興企画

社会

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena
合同で合唱した上寺尾小児童ら
合同で合唱した上寺尾小児童ら

 東日本大震災の発生から7年、震災復興などを祈念する法要企画「祈りの夕べ」が10日、大本山總持寺の大祖堂で行われた。同寺と区民や鶴見区文化協会らを中心とした実行委員会形式で企画。震災翌年から実施され、今年で6回目となる。

 当日は僧侶による慰霊法要と祈念コンサートなどがあった。実行委員長を務めた鶴見大学・大山喬史学長は「時間だけで癒えるものではない。どこまで救えるかわからないが、届くと信じている」とあいさつ。

 法要の導師を務めた總持寺貫主・江川辰三猊下(げいか)は「遺憾ながら依然として復興へは厳しい道のり」と現状に対する思いを語りつつ、「私たちは被災地再生の信念を風化させず、絶えず互いに共有しなければ」と忘れない心を呼びかけた。

 祈念コンサートには、第一回目から出演する福島県立安積黎明高校合唱団と、初出演の区内上寺尾小学校特別合唱部が参加。上寺尾小児童は「私たちにできることは忘れないこと。この思いが届くように心を込めて歌う」と話し、言葉通りの歌声を堂内に響かせた。

 安積黎明高の生徒は、震災後に福島県の中学生らによって制作された合唱曲などを披露。クライマックスには両校によるコラボレーションもあり、会場から万雷の拍手が送られた。

 また、夕方からは区民らから募ったメッセージ入りの献灯で境内を照らす万灯供養も行われ、鶴見の地から慰霊や復興を祈った。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

プロ招き観劇

生小児童ら

プロ招き観劇 教育

体育館がアラジンに

12月5日号

大銀杏、美しく色付く

大銀杏、美しく色付く 文化

常倫寺 見頃は12月中

12月5日号

ひびきあって30年

上寺尾小

ひびきあって30年 教育

830人で記念式典

12月5日号

人生の最期を考える

人生の最期を考える 社会

在宅ケアネットが勉強会

12月5日号

小学生ら 冒険で税学ぶ

小学生ら 冒険で税学ぶ 社会

法人会青年部 恒例トレハン 

12月5日号

ママ向けワークショップ

ママ向けワークショップ 文化

子育て世代が企画

12月5日号

子どもの課題を考える

子どもの課題を考える 社会

貧困、孤立、NPOが講演会

12月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク