鶴見区版 掲載号:2018年3月22日号 エリアトップへ

矢向小児童 尻手商店街に元気届ける ステッカーや独自ソング

教育

掲載号:2018年3月22日号

  • LINE
  • hatena
山梶会長にポスター等を贈る児童
山梶会長にポスター等を贈る児童

 矢向小学校6年2組の児童39人が3月6日、尻手銀座商店街(山梶眞右会長)に手作りのステッカー、ポスター、地図を贈った。

 昨年夏に同商店街の夜店でヨーヨー釣りを手伝い、出た利益を「商店街のために使いたい」と総合の授業で活動してきた児童らの集大成。

 ポスターと地図はA4サイズ。地図には取材した34店舗が載り、ポスターは児童ら自身が取材した店を紹介した。ステッカーにはセール時に使えるようなイラストが描かれた。

 同クラスの三浦菜摘さんと高橋あさひさんは「ステッカーなどを貼ってもらって、地域の人に愛される店ということが伝わればお店のためになると思った。お店の人と顔見知りになったので、普段でも行ってみたい」と話した。

1年間かけテーマ曲

 一方、5年4組の児童ら31人は商店街のテーマソングを作成。3月12日、同商店街で発表会を行った。

 「テーマソングがあったらいい」という声を商店街から聞き、約1年前から作成を開始。実際に全員が店を取材して、感じたことを歌詞に起こした。その歌詞に合わせて、矢向中学校の音楽教諭である杉原文則さんが曲を作った。

 同クラスの曾田凱理(かいり)さんは「商店街に昔のような人通りを残したいという話を聞いたので、皆が集まってくれるような明るい歌詞にした」とコメントした。

商店街「励み」に

 作成されたポスターなどは店の入り口に貼るなど活用され、曲は商店街で流していく予定。

 商店街の藤原鉄之さんは「自分たちじゃ気付かなかったお店の良さを教えてもらった」と笑顔。山梶会長は「嬉しい。こちらも頑張らなければ」と喜んだ。
 

贈られたステッカー、ポスター、地図
贈られたステッカー、ポスター、地図
テーマソングを披露する児童ら
テーマソングを披露する児童ら

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

世界レベルの技を披露

区内在住ジャグラー

世界レベルの技を披露 スポーツ

潮田地区センで26日

1月23日号

災害ボラ受入を体験

災害ボラ受入を体験 社会

区民ら140人が訓練

1月23日号

推進の集い2月22日に

福祉保健計画

推進の集い2月22日に 社会

1月23日号

親子の広場が移転

親子の広場が移転 教育

 馬場キッチュ 耐震問題を解決

1月23日号

園児の踊りで元気に

園児の踊りで元気に 社会

潮田西部社協が交流会

1月23日号

「100年時代」語るシンポ

「100年時代」語るシンポ 社会

黒岩知事の基調講演も

1月16日号

福祉サービスで優秀賞

駒岡リハビリデイリカバリータイムズ

福祉サービスで優秀賞 社会

社会参加の場開設 自立支援

1月16日号

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク