鶴見区版 掲載号:2018年3月22日号 エリアトップへ

レアールつくの 物産展で復興支援  豊岡小児童らも応援

社会

掲載号:2018年3月22日号

  • LINE
  • hatena
販売を手伝う子どもたち
販売を手伝う子どもたち

 レアールつくの商店街(高橋英昭会長)で3月10日と11日の2日間、震災復興支援のための福島の物産展が行われた。

 同商店街は「震災を思い出し、区民の防災意識向上などに繋げてほしい」と東日本大震災以来、毎年同物産展を企画してきた。

 11日には授業で震災について学んでいる豊岡小3年の児童ら「声出し部隊」も参加。「いらっしゃいませー」という子どもたちの大きな声に通行人は足を止めていた。

 福島で喜多方ラーメンと定食の店わんわんを営む(株)キープランニングの神田正人さんは「『もう復興したのでは』などと言われることもあるが、仕事がなく、時間を持て余している人がまだまだたくさんいる」と現地の状況を明かす。

 高橋会長は「被災地が前に進む力を少しでも手伝うことができたら」と話した。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

世界レベルの技を披露

区内在住ジャグラー

世界レベルの技を披露 スポーツ

潮田地区センで26日

1月23日号

災害ボラ受入を体験

災害ボラ受入を体験 社会

区民ら140人が訓練

1月23日号

推進の集い2月22日に

福祉保健計画

推進の集い2月22日に 社会

1月23日号

親子の広場が移転

親子の広場が移転 教育

 馬場キッチュ 耐震問題を解決

1月23日号

園児の踊りで元気に

園児の踊りで元気に 社会

潮田西部社協が交流会

1月23日号

「100年時代」語るシンポ

「100年時代」語るシンポ 社会

黒岩知事の基調講演も

1月16日号

福祉サービスで優秀賞

駒岡リハビリデイリカバリータイムズ

福祉サービスで優秀賞 社会

社会参加の場開設 自立支援

1月16日号

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク