鶴見区版 掲載号:2018年4月5日号
  • googleplus
  • LINE

華と茶、春の共演 茶華道協会が展示

文化

会場に並んだ豪華絢爛な作品
会場に並んだ豪華絢爛な作品
 鶴見区茶華道協会(土居雪松会長)による恒例行事「春の茶華道展」が3月24日と25日、鶴見大学会館で開かれ、伝統ある和の心で来場者を楽しませた。

 今年で38回目を迎える春の展示。茶道、華道の各流派の会員が、腕前を披露する場となっている。

 花席は合作・個人作合わせ、約30点を展示。春の花などを用いた色とりどりの作品が会場に並んだ。茶席も会員約15人が参加。お点前を披露した。

 また、数年前から実施している体験コーナーを今年も設置。参加者は日本伝統の生け花とお茶の体験を楽しんだ。

鶴見区版のローカルニュース最新6件

横浜、川崎でお墓のことなら石蔵

通常墓地、霊園から駅近納骨堂、ペットまでご相談を

http://ishi-kura.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月13日号

お問い合わせ

外部リンク