鶴見区版 掲載号:2018年4月5日号
  • LINE
  • hatena

三ツ池公園 新あずまやがお目見え

社会

 県立三ツ池公園内に完成した新しい「あずまや」が、桜見物で訪れる来園者などの休憩場所として早速利用されている。

 設置されたのは、園内中央付近にある「中の池」の園路沿い。屋根付きの鉄筋コンクリート造で、神奈川県が1670万円の予算で建設した。

住民の声きっかけに

 きっかけは地域からの声。三ツ池を30年利用しているという近隣住民の要望だった。

 もともと、今回新設された付近には、1981年からあずまやがあったものの、一昨年7月、バリアフリー対応の園路付け替え工事にともない撤去。その後は何もない状態だったという。

 「よく使っていた」という利用者が、撤去翌月に新たな休憩施設の設置を要望。県は代替措置として切り株型の椅子を4基設置して対応した後、予算要望に応える形で新設にいたった。

 毎日訪れるという来園者は「前よりも寄りやすく、使いやすくなった」と歓迎。県治水事務所によると、桜のシーズン終了後にあずまや周囲の最終整備を行い、座卓のような野外用の休憩設備を一基設置するとしている。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

”天気の達人”が講演

明るい選挙推進大会

”天気の達人”が講演

気象予報士・天達さん登壇

1月29日~1月29日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク