鶴見区版 掲載号:2018年4月12日号
  • LINE
  • hatena

閉校となった鶴見工業高校同窓会の会長を務める 橋本 大二郎さん 潮田出身 81歳

「鶴工魂」胸に

 ○…「鶴工魂をいつまでも忘れない」。4月1日に行われた鶴見工業高校閉校後初の同窓会の中心人物。送った招待状は370通にも上る。当日は想定以上の120人が参加したのはその人望もあるだろう。「みんな戦前、戦中、戦後と経験した75年にも上る鶴工の歴史を惜しんでいた」。同窓会長を務めて10年以上。「現役の時は3年間一度も休まなかった。それだけ学校が楽しかった」とその母校愛は強い。

 〇…潮田出身で潮田育ち。百年以上の歴史を持ち、仲通にあった魚屋「魚市」の次男として生まれた。「次男坊だから大二郎なんだよ」と笑う。中学から地元の道場へ通っていたこともあり、高校では仲間とともに柔道部を立ち上げた。「校長に頼み込んで、講堂に畳をひいてもらった。スプリングが入っていないから痛かったけど」と苦笑するが、同部は後に県下でも優秀な成績を収めた。試験に受かり、国家公務員として警察庁へ務めながら神奈川大学へ通った。後に市役所の建築局で働き、最終的には局長にまで上りつめた。

 〇…三男の世話をしたり、柔道の師範代として稽古を付けるなど、昔から面倒見の良い性格だった。仕事上ツテも多くあったため、後輩の就職紹介なども積極的に行った。「頼まれれば断れない。つながりは大切にしないといけない」。お酒も大好き。それもつながりをつくる一要因だ。

 〇…同窓会の幹事会は半年に一度開催。卒業生の単位修得書や名簿の管理など、同窓会の活動は今後も必要だ。「同窓会を開いてほしいという声も多い」。今回のように卒業生との交流は深めたいと思っている。「記念碑は大事なシンボルであり、卒業生の心のよりどころ」。鶴工はいつまでも卒業生の心に生き続けている。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6件

立澤 明さん

横浜市塗装事業協同組合の理事長で、横浜塗装工業(株)の代表取締役社長

立澤 明さん

4月18日号

荻島 克子さん

認知症カフェ・下町茶房の代表を務める

荻島 克子さん

3月28日号

須藤 正彦さん

3月13日付けで鶴見警察署の署長に就任した

須藤 正彦さん

3月21日号

間口 健一さん

新鶴見操車場開設90周年展の展示作品を作った

間口 健一さん

3月14日号

佐々木 美香さん

「お母ちゃん学」を主宰する

佐々木 美香さん

3月7日号

久松 美江子さん

「こまきち音頭」製作に尽力した

久松 美江子さん

2月28日号

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク