鶴見区版 掲載号:2018年4月12日号 エリアトップへ

商店主にプロの知識学ぶ 「まちゼミ」 あすから募集

社会

掲載号:2018年4月12日号

  • LINE
  • hatena

 商店主らが講師となり、プロならではの知識や技術を提供する少人数制の講座企画「まちゼミ」。全国各地で人気を呼ぶイベントが4月21日〜5月31日まで生麦周辺で行われる。

 「生麦deまちゼミ」と題し企画するのは生麦周辺の23店舗。昨年9月に続く2回目だ。まちゼミは2002年、愛知県でスタート。以来、「勧誘や販売はなし」というルールのもと全国に広がっている。

 普段なかなか学ぶことのできない話を聞けるとあり、受講者から高い満足度を誇った前回。今回は、キリンビール横浜工場、京急の大手企業も加わる上、飲食店など参加店も増加。計23店舗が30講座を展開する。

 キリンビールは人気の工場見学にまちゼミ限定ツアー、京急は小学生以下向けに駅員の仕事体験を用意する。そのほか、飲食店による各種作り方、片付けや着こなし術から歴史など、期間中はさまざまな講座が開かれる。

 募集開始はあす13日から。横浜信用金庫生麦支店ほか参加各店などで配布中のチラシを参照の上申し込む。各講座とも定員あり。受講料は無料(一部材料費等実費あり)。チラシは「生麦deまちゼミ」のフェイスブックページでも確認可能。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

19日に臨海フェス

19日に臨海フェス 社会

ゲームや模擬店ずらり

10月17日号

次世代に伝える地元文化学ぶ

次世代に伝える地元文化学ぶ 文化

「田祭り」テーマに

10月17日号

チェロの舞台 20日に

小山さん 叙勲祝賀に250人

小山さん 叙勲祝賀に250人 社会

関係者ら貢献に感謝

10月10日号

「思いやり大切に」

鶴見区高齢者交通安全大会

「思いやり大切に」 社会

一日署長・森田さん呼びかけ

10月10日号

SDGsで県と連携

区内4社

SDGsで県と連携 社会

パートナー登録

10月10日号

鶴見の近現代をひも解く

鶴見の近現代をひも解く 文化

郷土史展 15日から

10月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク