鶴見区版 掲載号:2018年4月19日号 エリアトップへ

県政報告 VR防災訓練の導入を検証 自民党 神奈川県議会議員 川崎 修平

掲載号:2018年4月19日号

  • LINE
  • hatena

 近年、大地震をはじめ、豪雨や台風など、さまざまな災害が激甚化の傾向にあります。そのような中、私が、県議会で提案したVR防災訓練の活用検証が行われましたのでご報告いたします。

県内初の取り組み

 「VR」とは、バーチャルリアリティ(仮想現実)の略です。ゴーグルのようなディスプレイ型の機器を装着し、コンピューターによって合成された映像や音響などの効果を見せることで、その空間に入り込んだような感覚をもたせることが出来るシステムです。

 現在、様々な場面で使われているこの技術を応用して防災訓練を行えば、災害の怖さや訓練の大切さを実感することができ、これまでの訓練に比べて意識が格段に違ってくると、平成29年9月の定例会で導入を要望しました。

 新しい技術を教育現場に取り入れるのは難しく、実現は困難かと思われましたが、粘り強く必要性を訴えた結果、3月13日に、県内で初となる活用検証が県立川崎高校で実施されました。

火災、浸水を体験

 講師には、VRやAR(拡張現実)などを応用した防災教育の第一人者、愛知工科大学・板宮朋基准教授を招き、生徒たちは火災と浸水を体験しました。

 提案者として視察させて頂き、私も体験しましたが、火災は煙が充満して前が全く見えない状況で、浸水は水深1mまでを順に体験して視界の状況などを確認しました。

 参加した生徒たちからは「身をかがめなければ煙の中を移動できなかった」「水没すると足元が見えず、身動きが取れなくなると思った」といった感想が上がり、通常の防災訓練では体験できない、リアルな声を聞くことができました。

課題越え実現へ推進

 このVRなどを活用した防災訓練の本格導入には、予算などまだまだ越えなければならない問題もありますが、教育現場に導入できれば、子どもたちだけでなく、県全体の防災力向上につながるものと考えています。

 今後ますます技術が進んでいく分野において、その技術が県民の皆さまの安心と安全につながるものになるよう、実現に向けて引き続き推進してまいります。

水深1mの体験画面
水深1mの体験画面

川崎修平

横浜市鶴見区鶴見中央1-13-9-101

TEL:045-642-6322

http://www.kawasaki-syuhei.com/index.html

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

真の共生社会へ盲ろう者支援が実現

ひでしの「実績で勝負」㊹県政報告

真の共生社会へ盲ろう者支援が実現

公明党 鈴木 ひでし

10月10日号

パートナーシップ制度導入へ

市政報告太'sレポート 96

パートナーシップ制度導入へ

横浜市会議員 公明党 尾崎太

9月26日号

自転車条例ルールブックを実現

ひでしの「実績で勝負」㊸県政報告

自転車条例ルールブックを実現

公明党 鈴木 ひでし

9月12日号

市民の意見も聞かない市長は許せませんカジノ誘致はやめるべきです!

市政報告

市民の意見も聞かない市長は許せませんカジノ誘致はやめるべきです!

日本共産党 横浜市会議員団 副団長 古谷やすひこ

9月5日号

中高年のひきこもりに理解を

市政報告太'sレポート 95

中高年のひきこもりに理解を

横浜市会議員 公明党 尾崎太

8月29日号

持続可能な発表の機会を

市政報告太'sレポート 94

持続可能な発表の機会を

横浜市会議員 公明党 尾崎太

7月25日号

障がい者の就労支援推進へ

県政レポートNo.1

障がい者の就労支援推進へ

神奈川県議会議員 ためや 義隆

7月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク