鶴見区版 掲載号:2018年4月26日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

インプラントで明るい表情に かず歯科医院、鈴木院長に聞く

 「第二の永久歯」といわれ、安定的で審美性を保てるインプラント。東急東横線・大倉山駅前で地域に身近な「よろずや歯医者」を掲げる「かず歯科医院」の鈴木和夫院長は、インプラント導入前後での患者の生活の変化を見守ってきた。

 インプラント治療で多くの実績を残してきた鈴木院長は言う。「インプラントを導入した多くの患者様の表情が明るくなるのが印象的。外食時のメニュー選びや食材の買い物も一層楽しみになり、仕事やプライベートでの人との会話にも好影響を及ぼすようです」

 そして、「ただ」と前置きし「患者様の納得が大切ですから、治療前には、メリットだけでなくデメリットも説明します」と鈴木院長。「相談は随時受け付けています」と呼びかける。

埋入実績5800本超

 院長が手がけたインプラント埋入実績(1994年〜現在)は5800本超。院長は神奈川歯科大を卒業し、医局員として東京女子医科大学口腔外科に勤務。10年以上勤めた都内インプラントセンターでは、センター長も歴任した。

専用オペ室も完備

 院内整備にも力を入れ、歯科用CT、治療室とは別のインプラント専用オペ室(クリーンルーム)も設置。また、万が一に備え、インプラント10年間保証も導入する。

かず歯科医院

港北区大倉山2-1-14-3F

TEL:045-541-4182

http://www.kaz-shikaiin.jp

鶴見区版のピックアップ(PR)最新6件

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク