鶴見区版 掲載号:2018年4月26日号 エリアトップへ

市政報告太'sレポート 78 小児医療費拡充が実現 横浜市会議員 公明党 尾崎太

掲載号:2018年4月26日号

  • LINE
  • hatena

 桜シーズンも終わりGWを迎えます。GW明けには平成30年第2回定例会が開かれ、常任委員会等の役員改選があり、任期の最終年度となる議会活動が始まります。

 引き続き責任ある議論と議会対応を通じて政策実現を図って行きます。

 今回の予算には、これまで公明党横浜市会議員団が長年にわたり推進してきた小児医療費通院助成の対象年齢を来年度から中3にまで拡充するための費用が盛り込まれました(現在、小学6まで)。

 この助成については、横浜市会で平成4年に初めて無料化を主張して以降毎年、予算要望と議会質問を重ねて来ました。

 このような政策実現のためには予算の確保(議案への賛成含め)が重要であり、今回の定例会においても大きな責任を果たすことが出来ました。

東部方面斎場の安全利用

 また、今回の予算特別委員会では公明党市議団を代表し、総合審査を担当。地元の課題を始め、19項目54問にわたり質問しました(詳細は市会HPで確認頂けます)。

 その中で、地域の方々からも期待が寄せられている東部方面斎場を取り上げました。

 今回発表された鶴見区大黒町の整備用地は、首都高速のインターチェンジも近く、市内各所からのアクセスが便利な場所です。しかし、これまでの市営斎場の立地とは異なり京浜臨海部の工場や倉庫などが立ち並び、トラックなど多くの大型車両が通行する地域です。

 「斎場の利用者がスムーズに来場できるように検討することが重要ではないか」との質問に対して、車利用者の数を正確に把握するため、今年度は既存の市営斎場での車両台数等や、整備予定地周辺の道路状況や交通量についての調査実施が示されました。結果を踏まえ、利用者が安全に来場できるよう交通ルートの検討が進められます。

 合わせて、利便性向上のため、通夜・告別式が出来る「葬祭ホール」や「霊安室」の配置とともに、増え続ける火葬需要に速やかに対応するためにも、出来る限り早期の斎場整備を要望させて頂きました。

 今年度も地域の課題解決のために尽力して参ります。
 

尾崎市議

横浜市鶴見区北寺尾7-19-47

http://www.komei.or.jp/km/yokohama-ozaki-futoshi/

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

真の共生社会へ盲ろう者支援が実現

ひでしの「実績で勝負」㊹県政報告

真の共生社会へ盲ろう者支援が実現

公明党 鈴木 ひでし

10月10日号

パートナーシップ制度導入へ

市政報告太'sレポート 96

パートナーシップ制度導入へ

横浜市会議員 公明党 尾崎太

9月26日号

自転車条例ルールブックを実現

ひでしの「実績で勝負」㊸県政報告

自転車条例ルールブックを実現

公明党 鈴木 ひでし

9月12日号

市民の意見も聞かない市長は許せませんカジノ誘致はやめるべきです!

市政報告

市民の意見も聞かない市長は許せませんカジノ誘致はやめるべきです!

日本共産党 横浜市会議員団 副団長 古谷やすひこ

9月5日号

中高年のひきこもりに理解を

市政報告太'sレポート 95

中高年のひきこもりに理解を

横浜市会議員 公明党 尾崎太

8月29日号

持続可能な発表の機会を

市政報告太'sレポート 94

持続可能な発表の機会を

横浜市会議員 公明党 尾崎太

7月25日号

障がい者の就労支援推進へ

県政レポートNo.1

障がい者の就労支援推進へ

神奈川県議会議員 ためや 義隆

7月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク