鶴見区版 掲載号:2018年4月26日号 エリアトップへ

岸谷に地域カフェ 古民家改修 居場所作りに

社会

掲載号:2018年4月26日号

  • LINE
  • hatena
地域住民が集まる1階のカフェ
地域住民が集まる1階のカフェ

 高齢の単身世帯の増加など、孤立化を防ぐための「つながり」が重要視される中、空き家となった古民家を改修して作られたコミュニティ・カフェ「Cocon(ココン)」=岸谷4の24の10=が18日にオープンした。店主(61)は「地域の拠点として地道に根付いていけば」と話す。

 同施設は1階がカフェで2階は有料のレンタルスペース。

 ココンとはフランス語で繭玉のこと。蚕がふんわりと繭に包まれたような安心感のある空間をコンセプトに地域の「たまり場」、みんなの「居場所」になるようにとの願いが込められている。

 近隣のサービス付き高齢者向け住宅でボランティア活動などしていた店主。高齢者に何かできることはないかと前々から考え、東寺尾地域ケアプラザに相談するなどしていた。

 思いをともにする子どもの同級生の母親たちが集まったことから、所有していた土地にあった空き家でカフェをオープンした。

つながり醸成

 昔からの住民も多く高齢化が進む同地域。山の上という立地もあり、スーパーやレストランが多い坂の下に高齢者が足を運ぶのは難しかった。

 東寺尾地域ケアプラザの担当者は「不便なことで家に閉じこもってしまう高齢者もおり、心配だった。普段一人で食事をする単身者もここに来れば自然と会話が生まれる」とつながりを作る場としても期待を込めた。

 近隣に住む利用者は「友人とお茶したくても連れてくる所がなかった。こういう場所は嬉しい」とオープンを喜んだ。

 店主は「高齢者はもちろん、子育て中のママなど様々な人に集まってほしい。みんなの居場所になれば」と話す。

 営業時間は午前10時から午後5時。定休日は月曜、祝日、年末年始。

鶴見区版のトップニュース最新6

アマビエグルメで疫病退散

アマビエグルメで疫病退散 文化

区内女将ら 限定販売

5月21日号

外国人世帯に食糧品配布

ABCジャパン

外国人世帯に食糧品配布 社会

コロナ禍で解雇なども

5月21日号

被害額県下ワーストに

区内振り込め等

被害額県下ワーストに 社会

給付金詐欺にも警鐘

5月14日号

昼食で一人親を支援

昼食で一人親を支援 経済

楽匠 顧客に恩返し

5月14日号

テイクアウト店を紹介

横浜FM

テイクアウト店を紹介 社会

【Web限定記事】HPにオリジナルマップ

5月8日号

医師会にマスク寄付

上末吉五丁目

医師会にマスク寄付 社会

防災備蓄品を提供

4月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月8日15:42更新

  • 4月25日21:27更新

  • あっとほーむデスク

    4月17日20:51更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク