鶴見区版 掲載号:2018年5月17日号 エリアトップへ

伝統の田祭りに拍手喝采 鶴見神社 ポーラ賞など糧に

文化

掲載号:2018年5月17日号

  • LINE
  • hatena
稲作の所作を演じる演者たち
稲作の所作を演じる演者たち

 鶴見神社(金子元重宮司)に鎌倉時代から伝わる民俗芸能「鶴見の田祭り」が、先ごろ、同神社境内で行われた。

 神壽歌(かみほぎうた)といわれる節に合わせ、一年の稲作の所作を演じる田祭り。鎌倉時代に伝わったが、明治初期に国からの廃絶命令を受け、一度途絶。金子宮司や鶴見歴史の会らが1987年に再興し、今年で31回目を迎えた。

 同祭りは昨年、人間国宝となった受賞者もいるなど、格式高い伝統文化ポーラ賞の地域賞を受賞。横浜市登録の地域無形民俗文化財にも選ばれている。鶴見の伝統を間近に見た観客からは、一節ごとに大きな拍手が上がっていた。

 また、当日は昨年同様、鶴見駅周辺にも会場を設置。田祭り前に近隣小中学校の日舞やソーランなどの演舞があったほか、鶴見神社の万灯神輿を筆頭にした神輿パレードがあるなど、伝統文化に華を添えた。

川崎市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月13日号

1日乗車券がICに

市営地下鉄

1日乗車券がICに 社会

紙は5月末で販売終了

5月13日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

5月13日号

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で40人増

脱炭素社会へ意見募る

脱炭素社会へ意見募る 政治

自民党がシンポジウム

5月13日号

横浜の魅力、動画で紹介

横浜の魅力、動画で紹介 文化

ユーチューブ等で配信

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter