鶴見区版 掲載号:2018年5月24日号 エリアトップへ

7代目横浜スカーフ親善大使の1人に選ばれた 工藤 杏奈さん 鶴見中央在学 19歳

掲載号:2018年5月24日号

  • LINE
  • hatena

独自の視点で魅力を発信

 ○…伝統工芸品、横浜スカーフの魅力を市内外に発信する「親善大使」。今年度就任した5人のうちの1人に選ばれた。50代から10代まで揃っているなか「色々な世代が集まっているからこそスカーフの魅力を幅広く伝えられる」と最年少の19歳は力強く意気込む。選考には、現在通う横浜ファッションデザイン専門学校(YFD)の講師の薦めで参加。「合格が決まった時は嬉しかった。家族も喜んでくれた」と可愛らしい笑顔を見せる。

 ○…小さい頃から踊ることが好きだった。5歳からクラシックバレエをはじめ、高校ではヒップホップにも挑戦。ダンスの衣装をきっかけに、服やデザインにより興味を持ち、YFDへ進学。「最初は縫製の根気がいる作業に慣れないこともあったが、その分完成した時の達成感は大きかった」と振り返る。学校のショーでスカーフのドレスを作ったのが横浜スカーフとの出会い。「ドレスはとにかく綺麗で鮮やか。柔らかい女性らしさが魅力」と声を弾ませる。

 ○…祖母と両親の4人暮らし。1番のリラックス方法は寝ること。辛い食べ物が大好きで、母に心配されて止められるほどだという。古着やかっこいい洋服が好きで、「流行外のものや他の人と被らないものなど、何でも着こなせるようになりたい」と、ファッションへのこだわりもみせる。

 ○…来年からは、百貨店を中心に展開するラグジュアリーブランドに勤め、洋服の販売員となる。「人間だからできる仕事がしたい」と、接客を重要視しているブランドへ就職を決めた。ネットで簡単に洋服を購入できる時代だが「店頭で買った方が新しい提案が貰えて視野も広がる」と話し、親善大使の活動も就職先でも「自分にできる新しい提案を探していきたい」と目を輝かせた。

鶴見区版の人物風土記最新6

小島 順一さん

潮田地区センターの館長として、まちづくりなどに尽力する

小島 順一さん

本町通在勤 62歳

5月13日号

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

5月7日号

池田 昇さん

鶴見田祭り保存会の会長などとして、地域活動に尽力する

池田 昇さん

諏訪坂在住 80歳

4月29日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

4月22日号

津久井 茂充さん

手作り仏塔模型の展示を馬場地域ケアプラザで行った

津久井 茂充さん

馬場在住 78歳

4月15日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月8日号

川崎市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter