鶴見区版 掲載号:2018年7月19日号 エリアトップへ

双盤響かせ、盆供養 正泉寺で希少仏事

文化

掲載号:2018年7月19日号

  • LINE
  • hatena
双盤や太鼓を叩く演者たち
双盤や太鼓を叩く演者たち

 生麦の正泉寺で7月13日、仏教音楽などで用いられる楽器「双盤」や太鼓を鳴らしながら念仏を唱える伝統行事「双盤念仏」があった。

 真夏日となった当日、4人の息の合った音が響き渡り、荘厳な雰囲気に包まれた。

 仏様の魂を鎮めるために念仏は行われる。正泉寺の双盤念仏は鎌倉の光明寺の系統を継いだものとされ、直径約40〜60cmの金属製の「双盤」を打つ3人と、全体を指揮する太鼓役の1人が念仏を唱えながら曲目を演じる。

 一時は演者である「講員」が亡くなり後継者不在の時代が続いていたが、1977年に川崎大師の講員を迎え復活した。

 講員の一人は「後継者不足が問題。伝統を引き継いでいかなければ」と話していた。

鶴見区版のローカルニュース最新6

2021 横浜市長選

2021 横浜市長選 政治

情報は7月16日時点

7月22日号

「一人でも多く救出を」

熱海市土石流災害

「一人でも多く救出を」 社会

派遣隊員が市長に活動報告

7月22日号

まち普請、区内2団体通過

まち普請、区内2団体通過 社会

2次に向け準備へ

7月22日号

鶴見川で水難救助訓練

横浜市ボート協会

鶴見川で水難救助訓練 スポーツ

万一に備え、共助学ぶ

7月22日号

関東防具空手 3人が優勝

関東防具空手 3人が優勝 スポーツ

寺尾・勝空会 選手たち躍動

7月22日号

走って防犯 ボクサー協力

走って防犯 ボクサー協力 スポーツ

鶴見中央・さくらジムら 県警からビブス

7月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter