鶴見区版 掲載号:2018年7月19日号 エリアトップへ

区障団連「鶴っこ」 看護学校で弁当など販売 相互理解の場にも

社会

掲載号:2018年7月19日号

  • LINE
  • hatena
商品説明や受け渡しなど交流もあった初回の販売
商品説明や受け渡しなど交流もあった初回の販売

 横浜市医師会聖灯看護専門学校=下野谷町=で7月9日、区内障害者施設協力のもと、弁当や総菜、パンなどの定期販売が始まった。学校などでの障害者製品の販売機会は多くなく、「相互理解にもつながる」と関係者らは歓迎する。

 定期販売は、聖灯看護専門学校から区、社協に依頼があったことから実現した。

 同校は今春、菊名と保土ケ谷にあった学校を統合する形で旧鶴見工業高跡地に開校。もともと統合前から、各校で地域作業所などとの交流があったことから、今回の依頼につながったという。「500人を超す学生が在籍しているが、食堂もなく、お願いしたいと思っていた」と同校事務部長の宮田泰明さんは話す。

利用者のやりがいに

 今回、販売を請け負うのは、鶴見区障害児者団体連合会の「鶴っこ部会」に所属する麦の家、ふれんど、ぱれっとワークス自然館の3施設。授業のある日は、毎日昼の時間帯に2施設が販売を行っていく。麦の家がパン、ふれんどが日替わり弁当や総菜、自然館がカレーなどを用意する。

 学校での販売は初めてというふれんどの担当者は「対面して販売することで多くの人と交流ができ、施設利用者のやりがいにもつながる」と意義を語る。

評判は上々

 初回となった9日は、麦の家とふれんどが販売。学生たちは初めての校内販売に興味津々で列を作った。購入者らは「販売は助かる」「惣菜が美味しそう」などと声を上げていた。

 麦の家は「販路拡大は有難い。利用者の社会参加にもつながる」とし、多くの利用者が交流を持てるように毎回販売メンバーを交代していく考えだという。

 宮田事務部長は、「鶴見で開校したからには、少しでも役に立てるように、福祉の交流も意識していきたい」と話した。

鶴見区版のトップニュース最新6

独自に避難所開設手引き

江ヶ崎町内会

独自に避難所開設手引き 社会

コロナ禍で作成進める 

7月22日号

改定で浸水想定約5倍に

内水ハザードマップ

改定で浸水想定約5倍に 社会

下水道の排水に限界も

7月22日号

オンライン保活相談開始

オンライン保活相談開始 社会

区職員発案 市内初の取組

7月15日号

倒産件数、上半期は大幅減

倒産件数、上半期は大幅減 経済

特別融資、支援金が下支え

7月15日号

通告・相談件数が過去最多

横浜市児童虐待

通告・相談件数が過去最多 社会

社会的関心の高まり背景

7月8日号

0円定食で学生支援

鶴見大学

0円定食で学生支援 社会

コロナ禍 収入減など理由に

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter