鶴見区版 掲載号:2018年7月26日号
  • LINE
  • hatena

白鵬女子吉村さん インハイ"強気"で入賞狙う 競技歴2年の陸上エース

スポーツ

日本陸上競技選手権大会での様子と同大会の賞状を持つ吉村さん
日本陸上競技選手権大会での様子と同大会の賞状を持つ吉村さん

 白鵬女子高等学校=北寺尾=陸上部の吉村玲美さん(3年)が女子3000m、1500mの2種目で2年連続となる夏のインターハイ(全国高校総体)の出場を決めた。

 6月15日〜18日に行われた南関東大会でどちらも2位に入賞。しかし1位を目指していたため満足はしていない。「800mの選手にラストスパートをかけられコンマ何秒差で負けた。この悔しさを総体のバネにしたい」と力を込めた。

高校新記録を更新

 もともとバスケ部だった吉村さんが陸上を始めたのは高校生になってから。競技歴2年にも関わらず、頭角を現してきた。

 6月22日〜24日に開かれた日本陸上競技選手権大会では、総体種目ではない3000m障害に出場し、10分07秒48で8位入賞。2年ぶりとなる日本高校最高記録を更新した。「入賞はしたいと思っていたが、記録更新は気付いたらついてきた。この大会で自信を持てた」と確実に総体への力をつけた。

予選から全力

 「最後の戦いになる。背中を後輩に見せて自分の名前を残して卒業したい」。吉村さんの目標はインターハイで入賞(8位以内)することだ。

 昨年は、体力的に強豪の留学生についていくことができなかったが、今年は「勝負しないとダメ。先頭にくらいつきたい」と予選から強気で攻める。

 総体は、8月1日から6日にかけて、三重県伊勢市で行われる。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

お釈迦様、誕生日おめでとう

鶴見区仏教会恒例の花まつり

お釈迦様、誕生日おめでとう

4月18日号

災害対応の協定締結

横浜市

災害対応の協定締結

4月18日号

プロ直伝の技を学ぶ

横浜のプレイパークが集結

『源氏物語』読みとく

自慢のハンバーグで挑戦

喫茶タンゴ

自慢のハンバーグで挑戦

4月18日号

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク