鶴見区版 掲載号:2018年7月26日号 エリアトップへ

神遊協ら 被災地救護で蓄電池寄贈 日本赤十字社から感謝状

社会

掲載号:2018年7月26日号

  • LINE
  • hatena
感謝状を受け取る伊坂理事長
感謝状を受け取る伊坂理事長

 神奈川県遊技場協同組合(伊坂重憲理事長)と神奈川福祉事業協会(同会長)はこのほど、リチウムイオン蓄電池システム3セットを日本赤十字社神奈川県支部(黒岩祐治支部長)に寄贈したことを受け7月9日、県庁で贈呈式を行った。

 神遊協らは、協会発足当初から血液運搬車や医療器具などを助成している。東日本大震災以降は、災害現場で活用できる通信司令車や器材搬送車両、救急車などの支援を行ってきた。昨年には、首都圏の大規模災害時に迅速な救護活動に必要なエアーテントの整備を支援している。

 今回のリチウムイオン蓄電池システムの寄贈は、被災地の救護活動をするときに電源の確保が難しいことや、従来の発電機では排気ガスなど救護活動への妨げとなっていることから、寄贈を決めたという。同蓄電池システムはみなと、秦野、相模原の県内赤十字病院に配備される。

 こうした支援に対して伊坂理事長に感謝状を手渡した黒岩祐治支部長は「西日本では豪雨で大変な災害となっている。人命の助けに繋がる支援を毎年継続していただき、感謝をしております」と話した。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

19日に臨海フェス

19日に臨海フェス 社会

ゲームや模擬店ずらり

10月17日号

次世代に伝える地元文化学ぶ

次世代に伝える地元文化学ぶ 文化

「田祭り」テーマに

10月17日号

チェロの舞台 20日に

小山さん 叙勲祝賀に250人

小山さん 叙勲祝賀に250人 社会

関係者ら貢献に感謝

10月10日号

「思いやり大切に」

鶴見区高齢者交通安全大会

「思いやり大切に」 社会

一日署長・森田さん呼びかけ

10月10日号

SDGsで県と連携

区内4社

SDGsで県と連携 社会

パートナー登録

10月10日号

鶴見の近現代をひも解く

鶴見の近現代をひも解く 文化

郷土史展 15日から

10月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク