鶴見区版 掲載号:2018年7月26日号 エリアトップへ

神遊協ら 被災地救護で蓄電池寄贈 日本赤十字社から感謝状

社会

掲載号:2018年7月26日号

  • LINE
  • hatena
感謝状を受け取る伊坂理事長
感謝状を受け取る伊坂理事長

 神奈川県遊技場協同組合(伊坂重憲理事長)と神奈川福祉事業協会(同会長)はこのほど、リチウムイオン蓄電池システム3セットを日本赤十字社神奈川県支部(黒岩祐治支部長)に寄贈したことを受け7月9日、県庁で贈呈式を行った。

 神遊協らは、協会発足当初から血液運搬車や医療器具などを助成している。東日本大震災以降は、災害現場で活用できる通信司令車や器材搬送車両、救急車などの支援を行ってきた。昨年には、首都圏の大規模災害時に迅速な救護活動に必要なエアーテントの整備を支援している。

 今回のリチウムイオン蓄電池システムの寄贈は、被災地の救護活動をするときに電源の確保が難しいことや、従来の発電機では排気ガスなど救護活動への妨げとなっていることから、寄贈を決めたという。同蓄電池システムはみなと、秦野、相模原の県内赤十字病院に配備される。

 こうした支援に対して伊坂理事長に感謝状を手渡した黒岩祐治支部長は「西日本では豪雨で大変な災害となっている。人命の助けに繋がる支援を毎年継続していただき、感謝をしております」と話した。

鶴見区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で73人増

「学びと活動」テーマに講演

「学びと活動」テーマに講演 社会

NPO代表理事が登壇

6月17日号

地域住民と田植え体験

新鶴見小児童

地域住民と田植え体験 教育

米作り学ぶ

6月17日号

キリン技術員講師に

サイエンスフロンティア高

キリン技術員講師に 教育

生徒研究の助言

6月17日号

佃野に交流シェアスペース

合同会社ふくわらい

佃野に交流シェアスペース 社会

”地域活性の基地”に

6月17日号

二輪車の事故に注意

二輪車の事故に注意 社会

鶴見警察が啓発

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter