鶴見区版 掲載号:2018年8月2日号
  • LINE
  • hatena

鶴見スポセン平井さん ダブルダッチでギネス超え 逆立ちで80回成功

スポーツ

ギネス記録に挑戦する平井さん
ギネス記録に挑戦する平井さん

 鶴見スポーツセンター=元宮=の職員・平井孝生さん=人物風土記で紹介=が7月29日、同センターで「ダブルダッチの縄の中を逆立ちで連続何回とべるか」でギネス世界記録に挑戦。現在の世界記録40回の倍である80回に成功し、世界記録を出した。

 ギネス世界記録は、英国に本社を置くギネスワールドレコーズが厳正な審査を行い認定しているもので、年間約4万7千件の申請(2017年)がある。

 ダブルダッチは、2本の縄を使って跳ぶ縄跳び。3人以上で行い、向かい合った2人の回し手が右手のロープと左手のロープを半周ずらせて内側に回す中を、跳び手が技を交えて跳ぶ。

 同センターの利用者も集まった当日、平井さんは緊張した雰囲気の中、記録に挑戦。1度目の挑戦では、39回と力が発揮できない場面があったものの、3度目には自己ベストの79回も超え、見事80回を跳びきった。

 平井さんは「この日のために身体作りをしてきた。自己ベスト更新という目標が達成できて本当に嬉しい」と喜んだ。

 当日の映像がギネスワールドレコーズに送られ、審査の後、正式な認定となる。

スポーツの普及に

 平井さんは、日本体育大学時代に乱縄というサークルに入り、ダブルダッチを始め、4年生の時に全国大会に出場。それを機に卒業後もパフォーマンスチームを結成し、世界中7カ国を回りながら3年間技を磨いてきた。

この時チームを組んでいたメンバーが当日回し手としても駆け付けた。

 27歳の時に帰国し、横浜市体育協会に入社。「この活動を知って一人でも多くの人がスポーツをはじめるきっかけになれば」とギネス挑戦を決めた。

 証人として参加したダブルダッチの普及活動を行うNPO法人ZERO DD&GAの松本寛高さんは「ギネスに挑戦すること自体が素晴らしいこと。努力のたまもの。彼を見て、こういった挑戦者が増えたら嬉しい」と話した。

 平井さんとパフォーマンスチームを組み、海外を回った仲間である長浜一隆さんは「次回は3ケタ超えられるはず」と期待を込めた。
 

3/25家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6件

体育館にエアコン設置へ

横浜市

体育館にエアコン設置へ

3月14日号

原交番が廃止へ

原交番が廃止へ

3月14日号

大腸がん検診を無料化へ

横浜市

大腸がん検診を無料化へ

3月7日号

子どもと大人 対話で理解

患者情報を共有へ

鶴見区内医療・介護施設

患者情報を共有へ

2月28日号

3年ぶりに交通事故減

鶴見署管内

3年ぶりに交通事故減

2月28日号

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月14日号

お問い合わせ

外部リンク