鶴見区版 掲載号:2018年8月2日号 エリアトップへ

伝統の沖縄角力(すもう)豪快に 島人ら32人が熱戦

スポーツ

掲載号:2018年8月2日号

  • LINE
  • hatena
迫力の取り組み
迫力の取り組み

 島人の伝統競技「沖縄角力大会」が7月29日、入船小学校で開催され、32人の力士が豪快な力技を披露した。

 (財)おきつる協会(金城京一理事長)、横浜鶴見沖縄県人会(同会長)主催。

 沖縄角力は琉球王国時代から継承されている伝統競技。大相撲とルールは異なり、5分間3本勝負で実施。立ち合いは無く、がっぷり四つに組み合った状態で取組をはじめ、相手の両肩を地面につけたら一本となる。

 74回目の開催となった当日は約300人が来場。試合には沖縄県久米島や宮古島、南大東島、ブラジル、ボリビア出身者などが参加した。大迫力の取り組みに会場は盛り上がった。

 挑戦前には出身地のほか、年齢も発表され、60代の挑戦者が紹介された時には会場から「頑張れ」と激励が投げられた。

 敗者にも「泣かないで笑って」などと声がかけられ、会場からは終始喝采が送られていた。

鶴見区版のローカルニュース最新6

青春歌謡コンサート

ピアノと言葉で世界旅行

ピアノと言葉で世界旅行 文化

寺尾地区センでコンサート

11月25日号

潮田の歴史探訪

潮田の歴史探訪 文化

地区センで12月

11月25日号

ペタンクに80人

ペタンクに80人 スポーツ

区老連がスポーツ大会

11月25日号

区内ゆかりの書を堪能

区内ゆかりの書を堪能 文化

鶴見書人会が展示

11月25日号

生麦、岸谷商店街で周遊企画

生麦、岸谷商店街で周遊企画 文化

スタンプラリーに持ち帰りグルメ

11月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook