鶴見区版 掲載号:2018年8月23日号 エリアトップへ

夏の思い出を”手作り” つむぎフェスに親子ら80人

文化

掲載号:2018年8月23日号

  • LINE
  • hatena
作品作りに夢中になる子どもたち
作品作りに夢中になる子どもたち

 様々なワークショップで夏の思い出が作れるつむぎフェスが8月16日、生麦地域ケアプラザで行われ、約80人が訪れた。

 同フェスは生麦でケアラーズカフェ「つむぎサロン」を開いている小野瀬美雅さんが初企画したもの。

 ハンドメイド作品などを手掛ける10の店舗が出展したほか、カフェスペースやフリーマーケットも用意された。運営には鶴見大学の学生ボランティアも参加した。

 当日は、近隣に住む親子連れやもの作りが好きな高齢者などが訪れ、壁掛けフォトフレームやアクセサリー、マドレーヌ作りなどに夢中になった。

 川崎から訪れた親子連れは「友達を連れて参加した。楽しくてほとんどの店を回った。また参加したい」と喜んでいた。

 小野瀬さんは「みんなが喜んでくれてよかった。こういうイベントに学生らをもっと巻き込んで、力を借りたい」と意欲を見せた。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

19日に臨海フェス

19日に臨海フェス 社会

ゲームや模擬店ずらり

10月17日号

次世代に伝える地元文化学ぶ

次世代に伝える地元文化学ぶ 文化

「田祭り」テーマに

10月17日号

チェロの舞台 20日に

小山さん 叙勲祝賀に250人

小山さん 叙勲祝賀に250人 社会

関係者ら貢献に感謝

10月10日号

「思いやり大切に」

鶴見区高齢者交通安全大会

「思いやり大切に」 社会

一日署長・森田さん呼びかけ

10月10日号

SDGsで県と連携

区内4社

SDGsで県と連携 社会

パートナー登録

10月10日号

鶴見の近現代をひも解く

鶴見の近現代をひも解く 文化

郷土史展 15日から

10月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク