鶴見区版 掲載号:2018年9月13日号
  • LINE
  • はてぶ

助産師が悩みにお答え中 寺尾 子育て支援団体が「保健室」

社会

高橋さん(右)との会話に笑顔を見せる相談者
高橋さん(右)との会話に笑顔を見せる相談者
 「病院に行くほどでもないけど、何となく日々もやもやする子育てや体の悩み。助産師さんに相談できます」――。

 寺尾地区で子育て支援などを行う団体「てらおS☆MAP」が、寺尾地区センターに「まちの保健室」を開設。子育て中の不安や、女性の体に関する悩みについて、気軽に相談できる場を提供する取組を始めている。

◇◇◇

 開設のきっかけは、メンバーの一人が手術をしたこと。代表を務める兼子潤子さんは「自分の体のことって意外に知らないなと、アイデアが生まれた」と振り返る。

 相談を受ける専門家は、元助産師で看護学校の講師経験もある高橋桂さんに依頼。メンバーの知人で近くに住み、ちょうど子育てから職場復帰を目ざしていた。

 保健室は7月から2カ月に一度のペースでスタート。2回目となった9月5日には、一時間の相談時間中に2組の親子が訪れた。

◇◇◇

 「大丈夫、心配ないよ」。高橋さんの言葉に相談者は微笑む。

 「ちょっとした悩みは日々心に引っかかっている。それが相談できるのは有難い」。子育て経験のあるメンバーらは口を揃える。

 相談に乗る高橋さんは「インターネットなどに情報がありすぎて、選びきれる人は少ないと思う」とした上、「私の答えもあくまでアドバイス。お母さんに選んでもらえれば」と話した。

 開催は奇数月の第一水曜日午前10時45分〜11時45分まで。次回は11月7日を予定している。

横浜、川崎でお墓のことなら石蔵

通常墓地、霊園から駅近納骨堂、ペットまでご相談を

http://ishi-kura.jp/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

ご家庭の不用品が寄付に

子供の居場所づくり活動を行うサードプレイスをご支援ください

https://www.n-thirdplace.com/donation

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク