鶴見区版 掲載号:2018年9月27日号 エリアトップへ

横浜市 家具転倒防止対策を促進 年齢要件を緩和

社会

掲載号:2018年9月27日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は2013年度から、自ら家具転倒防止を講じることが困難な世帯を対象に、家具転倒防止器具の取り付けを無料(器具代は自己負担)で代行している。今年度は年齢要件を緩和し、家具転倒防止器具の取り付けを促進する。

 今年度の対象世帯は【1】65歳以上(要件緩和)【2】身体障害者手帳の交付を受けている【3】愛の手帳(療育手帳)の交付を受けている【4】精神障害者保険福祉手帳の交付を受けている【5】介護保険法による要介護、または要支援の認定を受けている【6】中学生以下(新規追加)。ただし、「中学校卒業者」から「64歳以下」の人がいる世帯については、【2】〜【5】に該当しない限り、この制度の対象とならない。

 先着200件。申し込み受け付けは11月30日まで。申し込みはNPO法人横浜市まちづくりセンター【電話】045・262・0667へ。平日午前10時から午後4時まで受け付け可能。

鶴見区版のローカルニュース最新6

史季の郷が最終提案へ

史季の郷が最終提案へ 社会

市「まち普請」、ライブ配信も

1月27日号

施設等は休止せず

施設等は休止せず 社会

市 まん防期間の対応発表

1月27日号

下末吉に花と福祉の事業所

下末吉に花と福祉の事業所 社会

交流、成長促す「こもれび」

1月27日号

変化に対応し、一丸に

変化に対応し、一丸に 社会

鶴見区工業会が賀詞交換会

1月27日号

横浜スカーフ大使募集

横浜スカーフ大使募集 文化

魅力を県内外にPR

1月27日号

生麦で青空市

生麦で青空市 経済

1月30日に 

1月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook