鶴見区版 掲載号:2018年11月1日号
  • LINE
  • はてぶ

夢ひろば関連企画も続々 まちの未来語る場も

社会

駅前の開発案も出た前回のシンポ
駅前の開発案も出た前回のシンポ
 大本山總持寺で11月3日に行われるイベント「つるみ夢ひろば」の関連企画が、31日から始まっている。

 「夢ひろば」は、区民らからなる実行委員会が主催。3日の当日は、参道を埋め尽くす模擬店や、大祖堂前のステージ、子どもの遊び場など、高大な境内を会場に多様な催しが繰り広げられる。

パリで活躍した庭師

 期間中(31日〜5日)の全日程実施されるのは、總持寺に眠る鶴見ゆかりの偉人、東洋一の遊園地とうたわれた花月園、約130年前にパリ万博で活躍した鶴見出身の庭師などを紹介する特別展(各日午前10時〜午後3時)。

 1日午後1時半〜、慶応大学名誉教授の鈴木順二氏を講師に、パリで活躍した庭師・畑和助を題材にした講演会も行われる。そのほか、2日・3日には、鶴見区茶華道協会による華展も実施される。特別展、講演会、華展とも会場は同寺三松閣。

門前シンポジウム

 4日午後3時〜5時には、鶴見大学会館を会場に、昨年好評を博した「つるみMONZENシンポジウム」を開催。森健二鶴見区長の基調講演をはじめ、区民や商店街、企業、大学などから6人のパネリストが集い、鶴見の未来について語り合う。

 いずれも入場無料、申し込み不要で当日直接会場へ。(問)總持寺【電話】045・581・6295、鶴見区文化協会【電話】045・582・0881。

11/24家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

伝統の「邦楽」一堂に

伝統の「邦楽」一堂に

箏に長唄、日舞――2日に舞台

12月2日~12月2日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク