鶴見区版 掲載号:2018年11月29日号
  • LINE
  • hatena

医療への視点変え理解 横浜市 つるの剛士氏招きイベント

社会

サンタ帽を視点を変えて猫のイラストにしたつるの剛士さん
サンタ帽を視点を変えて猫のイラストにしたつるの剛士さん
 横浜市医療局が主催する「視点を変える展」が11月16日から3日間、マークイズみなとみらいであった。初日のイベントにはタレントで同展公式アンバサダーのつるの剛士さんと荒木田百合横浜市副市長がトークセッションを行い、会場を盛り上げた。

 横浜市では急速な高齢化により医療需要の増加が見込まれるなか、医療に対する興味、関心を持ってもらう目的で「医療の視点」プロジェクトを始動しており、この企画はその第一弾。

 期間中は、様々なものに見える不思議なクリスマスツリーやトリックアートなど視点を変えて医療を考えられる展示物が館内に用意され、来場者を楽しませた。

 トークセッションで荒木田副市長は「医療は身近に感じ辛いが、災害対策と同じで事前の準備が大切。健康診断など、普段から医療について考えていればいざという時に慌てない」と訴え、つるの剛士さんは「医療と聞いて固いイベントだと思ったら子どもも楽しめるもので驚いた。家に帰って医療について話し合いたい」と話した。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

プリンス電機株式会社

学校への環境講座など地域への貢献活動で「かながわ地球環境賞」を受賞しています

http://www.prince-d.co.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

  • 7月19日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

千の灯りを堪能

千の灯りを堪能

入船公園でランタンフェス

12月15日~12月15日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク