鶴見区版 掲載号:2018年11月29日号
  • LINE
  • hatena

「間違え」受け入れる社会に 元NHKディレクター 小国士朗氏が登壇

教育

登壇した小国士朗氏
登壇した小国士朗氏

 区内の医療・介護従事者などで構成される団体・つるみ在宅ケアネットワークによる公開勉強会が11月17日、鶴見公会堂で行われ、区民や関係者らが認知症についての理解を深めた。

 当日は、元NHK制作局開発推進ディレクターの小国士朗氏が講師として登壇。小国氏が発案した認知症を抱える人たちがウェイターとして働くプロジェクト「注文をまちがえる料理店」の映像を鑑賞した。

 映像には、認知症のスタッフが提供する料理を間違えても受けとめ、それを楽しむような来店者の姿が映し出される。

 講演で小国氏は、社会にある様々な課題は社会が受容できるかの問題とし、「まちがえちゃったけど、まあいいかと言える社会になれば、コストだと思っていたことが価値に変わることもある」と呼びかけた。

 また、その後行われたシンポジウムには医師や区高齢・障害支援課、認知症カフェの発起人などが参加。それぞれの活動を発表し、活発に意見を交わしていた。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

3/25家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク