鶴見区版 掲載号:2018年12月6日号
  • LINE
  • hatena

折れた大銀杏、美しく紅葉 常倫寺 12月中旬まで

文化

色付く大イチョウ(11月29日撮影)
色付く大イチョウ(11月29日撮影)

 駒岡の常倫寺(上原良廣住職)の境内にある樹齢330年超の大イチョウが紅葉の見ごろを迎えている。

 大イチョウは、横浜市指定の名木で、乳が出ない母と子のために枝から乳が流れ出たという乳母銀杏伝説を持つ。

 もともと目通周(目の高さの直径)は4・11m、樹高は21mあった。しかし、10月に関東を襲った台風24号の影響を受け、上部約10mが折れる被害にあった。

 それでもなお、しっかりと色づいた姿を見て、上原住職は「ちゃんと紅葉して良かった」と安堵の表情を見せた。折れた部分は、モニュメントにするなど、活用を検討中だという。

 見ごろは12月中旬まで。問合せは【電話】045・751・1466。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

プリンス電機株式会社

学校への環境講座など地域への貢献活動で「かながわ地球環境賞」を受賞しています

http://www.prince-d.co.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

  • 7月19日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

千の灯りを堪能

千の灯りを堪能

入船公園でランタンフェス

12月15日~12月15日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク