鶴見区版 掲載号:2019年1月1日号
  • LINE
  • hatena

Vol.22 市政報告 鶴見を想ふ 横浜市会議員山田一海

 新しい年が明けました。1990年(平成2年)の市会議員補欠選挙で初当選以来、8期29年、横浜市民、鶴見区民の代表という気持ちをもって、励んでまいりました。その議員という職を、今期限りで辞することを決意いたしました。

 しっかりとした議論の上で合意形成をはかり、課題解決のための予算をつけることが、議員の仕事です。これまで数えきれないほどの要望を頂いて参りましたが、道半ばのやり残しがあります。

区民の夢「中電停車」

 まず一つ目はやはり、昭和40年代から続く区民の悲願、JR鶴見駅への「中距離電車停車」です。

 鶴見区は市内で最も将来人口が伸びるという推計が出ており、さらなるまちの発展をもたらすためにもインフラの整備は重要になってまいります。

 現在、市はJRと、2019年度後半に完成予定の相鉄・JR直通線「神奈川東部方面線」の鶴見駅停車について、その可能性などの協議を続けています。特に大きな課題は財政面で、ホーム設置などの費用は200億円以上という計算も出てきています。

 市が昨年9月、約20年ぶりに改定した「京浜臨海部再編整備マスタープラン」では、京浜臨海部発展に重要な役割として、広域交通ネットワークの形成も盛り込まれました。

 鉄道の項目には、相鉄・JR直通線の鶴見駅停車も明記されました。昨年9月の市会基本計画特別委員会の中で平原敏英副市長は、「検討を進めている。いずれの課題も鉄道事業者と具体化に向けた取組を加速させる」と明かしています。

 大願成就へ向け、全力で取り組んでまいります。

末吉橋の架け替え

 区内上末吉と川崎市幸区を結び、緊急輸送路でもある県道鶴見溝ノ口線に架かる末吉橋の架け替えも、2015年の決定から調整作業が進んでいます。狭い歩道を自転車や歩行者が通過し、私のもとにも架け替えを要望する声が多く届いておりました。

 現在、今年度中の工事着手に向けて調整中で、2028年度に完了する予定です。

 また、末吉橋と新鶴見橋の間、矢向一丁目と上末吉二丁目付近をつないでいた鶴見川水管橋の代わりとなる人道橋の架設も進んでおります。

花月園公園

 花月園競輪場跡地に建設が進む、鶴見花月園公園(仮称)も、昨年基本計画がまとまりました。2021年度の開園に向け、整備が行われております。

 詳細は今後の実施設計で変更となる可能性もありますが、子どもの遊具や多目的広場、芝生の大広場、健康遊具などを配置予定。防災公園として、かまどベンチや、緊急時にテントとなる大型パーゴラなども設置されます。

 現在は地区概要看板も設置されていますので、どんなまちになるか、進捗を確認することもできます。

馬場出入口

 首都高が整備した、生麦ジャンクションから第三京浜道路の港北インターチェンジを結ぶ、自動車専用道路「きたせん」。開通から約1年10カ月が過ぎましたが、工事が遅れていた「馬場出入口」は2019年度中の開通を目ざして整備中です。

 周辺街路の工事状況次第という面もありますが、皆様の生活に支障がないよう、早期完成を働きかけてまいります。

思いは次世代へ

 より良い市政への取組は、皆さまの要望が起点となります。インフラ整備や新たな施策など、一朝一夕には実現しないものばかりですが、しっかりと継続していくことが重要です。

 残された任期もわずかとなりますが、これまで培った経験と思いを、次世代の若者にしっかりと託せるよう、最後まで全力を傾けてまいります。

撤去された水管橋(写真右側上流に架設予定)
撤去された水管橋(写真右側上流に架設予定)
開通した北線(港北JCT付近)
開通した北線(港北JCT付近)

山田一海

横浜市鶴見区寺谷1-3-2

TEL:045-584-1133

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6件

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

”天気の達人”が講演

明るい選挙推進大会

”天気の達人”が講演

気象予報士・天達さん登壇

1月29日~1月29日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク