鶴見区版 掲載号:2019年1月10日号 エリアトップへ

全日本積穂俳画協会講師で、区内で初めての展示会を開く 高木 シヅ子さん 馬場在住 74歳

掲載号:2019年1月10日号

  • LINE
  • hatena

「適当なくらいが丁度いい」

 ○…俳句に添える絵「俳画」。細かく書き尽くさない運筆で想像する余韻を持たせる日本の伝統文化の一つ。俳画の第一人者と言われる藪本積穂氏が創設した全日本積穂俳画協会の講師として、自宅やカトリック鶴見教会で教室を開く。モットーは、まず生徒に楽しんでもらうこと。「楽しい雰囲気にするのは得意かも」。こちらまで元気になるような笑顔を見せる。

 ○…広島の福山市で育った。鶴見に来てからは40年以上になる。病気で療養中に俳句を作っていた母。俳画と出会ったのは母と教会のバザーに行った時だった。たまたま俳画の講師が自身の作品を出していた。「これ素敵ね。いいじゃない」。母の一言と小学生から書道を続けてきたこともあり、教会で開かれていた教室の生徒第一号となった。のちに銀座の教室にも通うように。魅力にはまって気付けば30年以上。俳画は下書きもしない一本勝負。「だからその人の持ち味が出る。真面目に書くよりも、抜けていて、適当なくらいだと味が出て、想像できて面白い」

 ○…夫と娘、息子の4人家族。息抜きは寝ることと、人と話すこと。教会で静かな時間を過ごすのも大事なひと時。寺尾地域ケアプラザでデイサービスのボランティアを続けて早20年。新年、俳画で干支が描かれたお弁当ののし紙はみんな喜んで、大切にとっておいてくれる。「人が好きだから、喜ぶことがしたい」

 ○…俳画と聞いても知らない人が多く、毎回ショックを受けるという。生徒は70〜80代がほとんどで、高齢化している。「なんとかして若い人に、色々な人にこの魅力を伝えたい」。眼差しは真剣だ。「いつまでも描いていたい」と俳画への熱い気持ちが伝わってくる。「いつかは母の俳句でも描けるといいかな」。思いを胸に、これからも描き続ける。
 

鶴見区版の人物風土記最新6

新田 興助さん

鶴見区納税貯蓄組合連合会の会長に就任した

新田 興助さん

東寺尾在住 73歳

7月2日号

鈴木 浩さん

横浜市幼稚園協会の会長に就任した

鈴木 浩さん

泉区在住 54歳

6月25日号

新木 杜希美(ときみ)さん

横浜繊維振興会による9代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた

新木 杜希美(ときみ)さん

鶴見中央在学 19歳

6月18日号

下枝 昌司さん

鶴見消防署の第48代署長として指揮を執る

下枝 昌司さん

泉区在住 58歳

6月11日号

福徳 未来さん

つみれプロジェクトの代表として活躍する

福徳 未来さん

下末吉在住 42歳

3月26日号

北薗 ヒロ子さん

お笑いジーバー劇団で”看板的女優”として活躍する

北薗 ヒロ子さん

東寺尾在住 72歳

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク