鶴見区版 掲載号:2019年1月31日号 エリアトップへ

タグラグビー豊岡オールスターズ 初の全国大会へ 考えるプレーで優勝ねらう

スポーツ

掲載号:2019年1月31日号

  • LINE
  • hatena
豊岡オールスターズのメンバー
豊岡オールスターズのメンバー

 区内タグラグビーチーム豊岡オールスターズが2月16日、17日に東京都で行われる第15回全国小学生タグラグビー選手権大会の全国大会へ出場する。メンバーは現在、本番に向け、練習を重ねている。

 タグラグビーとはタックルの代わりに相手選手の腰に付けたタグをとるため、身体接触や地面に倒れるプレーのない、新しいスタイルのラグビー。

 毎週土曜日に豊岡小学校で練習している豊岡土曜タグラグビーには小学1年生から6年生までの約40人が所属。豊岡小を中心に、東台小、鶴見小など近隣7校のメンバーで構成される。豊岡オールスターズは大会に出られる4年生以上で構成された選抜チーム。

悔しさをバネに

 昨年は南関東大会で準優勝を勝ち取った同チーム。しかし、全国へは同じ県以外の上位2チームが出場できるというルールのなかで、1位が同じ神奈川県のチームだったために、全国へ行くことができない悔しい思いをしてきた。だが、今年はルールが改正され、純粋に優勝・準優勝チームが全国への切符を手にする決まりとなった。

全国へ奮起

 4月に「全国優勝」を目標に掲げたメンバーだが、道のりは簡単ではなかった。長野代表とは大会1週間前の練習試合で引き分け、同じ神奈川代表のチームには直前の大会で敗退し、涙を流した。「2位までには必ず入らなくては」と奮起し、当日まで自主的に朝練を行ってきた。

 1月20日に行われた南関東大会には、神奈川・山梨・長野から2チームずつ、6チームが出場した。

 リラックスした様子で試合に臨んだ豊岡オールスターズは、順調に勝ち進み、同じ横浜のチームに敗北したものの、準優勝を勝ち取り、全国出場を決めた。

 藤丸寛監督は「今年のチームは一人ひとりが考えてプレーできるところが強み。憧れ続けてきた舞台で1戦1戦チャレンジしていきたい」と話し、主将の藤丸楽郁(らいく)さん(豊岡小6年)は、「今まで練習してきた成果を発揮して、全国優勝したい」と意気込んだ。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

新たに合同盆踊り

東寺尾周辺6町会

新たに合同盆踊り 文化

交流、人手確保などに工夫

8月22日号

登校時に防犯パトロール

横浜市

登校時に防犯パトロール 社会

殺傷事件受け試行

8月22日号

在留外国人対応策を拡充

横浜市

在留外国人対応策を拡充 社会

11言語で困りごと解決

8月15日号

火災、市内最多を更新中

火災、市内最多を更新中 社会

鶴見区内 たばこなど要因

8月15日号

暑さ対策 ミスト設置推進

横浜市

暑さ対策 ミスト設置推進 社会

商店街や駅などで整備

8月8日号

外務大臣表彰を受賞

ABCジャパン安富祖さん

外務大臣表彰を受賞 社会

在日外国人支援など評価

8月8日号

公園にゴミ捨てないで

公園にゴミ捨てないで 社会

平安小児童 気づきから啓発

8月1日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク