鶴見区版 掲載号:2019年2月14日号 エリアトップへ

横浜スカーフ大使募集 魅力を県内外にPR

文化

掲載号:2019年2月14日号

  • LINE
  • hatena
今年度の横浜スカーフ親善大使
今年度の横浜スカーフ親善大使

 横浜繊維振興会が横浜の伝統工芸、横浜スカーフの魅力をPRする8代目「横浜スカーフ親善大使」を募集している。

 期間は、4月1日からの1年間。資格は満18歳以上の女性で、横浜市近郊に在住、スカーフ好きな方。横浜スカーフのPR等を年数回イベント会場で行うほか、関係各所の派遣要請に応じて出勤する。

 7代目では鶴見中央の学校法人桜井学園横浜ファッションデザイン専門学校に通う工藤杏奈さんが活躍中。

 応募は市販の履歴書に基本情報や応募動機、自己PR等を記入し、過去3カ月以内に撮影したカラー写真(全身・上半身で各1枚ずつ)を同封して〒232-0061横浜市南区大岡3の23の2小原方 横浜繊維振興会事務局まで郵送。締切は2月15日消印有効。書類選考の上、3月2日(土)午後〜面接審査あり。入賞者には横浜スカーフが贈られる。

 問合せは事務局(小原)【電話】080・1273・7804。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

縁の品ずらり展覧会始まる

總持寺移転決めた石川禅師

縁の品ずらり展覧会始まる 文化

10月24日号

多文化、外国選手に学ぶ

多文化、外国選手に学ぶ 教育

横浜FC 矢向小で交流

10月24日号

児童のデザイン皿ずらり

児童のデザイン皿ずらり 社会

陶芸家・前田さん指導の作品完成

10月24日号

サザン「井手隊長」登場

サザン「井手隊長」登場 社会

26日つるぎん 台風支援も

10月24日号

潮田公園で健康イベント

潮田公園で健康イベント 社会

多世代交流目的に

10月24日号

鶴見図書館で防災企画

鶴見図書館で防災企画 教育

LED作品の作成も

10月24日号

区内写真家の展示会

区内写真家の展示会 文化

自由な作品100点

10月24日号

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月24日号

お問い合わせ

外部リンク