鶴見区版 掲載号:2019年2月14日号
  • LINE
  • hatena

「手作り恵方巻き」で食育 駒岡・重寿司 40人が体験会

社会

恵方巻き作りに挑戦する子ども
恵方巻き作りに挑戦する子ども

 駒岡の寿司店「重寿司」で先ごろ、子どもたちを対象とした恵方巻き体験会が行われた。

 体験会は、食育の一環で同店が毎年企画し、今年で10回目。

 当日は午前と午後にわかれ、近隣に住む4歳から11歳の計40人が参加。大将が巻いた見本をもとに、煮穴子やえび、玉子焼きなど、同店が用意した7種類の具材を使って完成させた。

 参加した子どもたちは、それぞれ家族の人数分を作り、「難しかったけど、家族で食べるのが楽しみ」「来年もやりたい」と笑顔だった。

 悪戦苦闘する子どもたちを見守った同店の相澤亜香根さんは、「子どもの元気が親の生きる源になり、ひいては社会全体のパワーになる。その根源が食べること」と話し、今後も企画を続けていくとした。
 

鶴見区版のローカルニュース最新6件

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「福祉のまち」推進へ集い

「福祉のまち」推進へ集い

すずの会 基調講演も

2月23日~2月23日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク