鶴見区版 掲載号:2019年2月21日号
  • LINE
  • hatena

鶴見区予算案 「防災」「観光」など増額 全体で1700万円プラスに

社会

 横浜市の2019年度予算案発表にともない、鶴見区の来年度自主企画事業案の概要も明らかになった。事業数は30で、事業費は1億812万円。昨年度から約315万円減となったが、来年度からこれまで18区共通で実施していた事業の一部を自主企画事業から分離して計上したため、実質は約1700万円のプラス編成となる。

既存事業を拡充

 予算編成にあたっては、今年度の区政運営方針「笑顔と元気の輪が広がるまち『つるみ』を目指して」を踏襲。自主企画事業の施策体系も、防災や環境を中心とした「安心」のまちづくり(2941万1千円)、高齢者や子育て支援、健康に特化する「ぬくもり」のあるまちづくり(4229万6千円)、観光や多文化に注力する「活力」のあるまちづくり(3641万3千円)の3体系を軸に編成した。

 総事業数は、統合などもあり昨年から3つ減の30。新規スタートの事業はなく、「既存事業をブラッシュアップしていくイメージ」とする。

まちの災害マップ刷新

 重点を置くのは「防災活動推進」「鶴見区高齢者はつらつ生活応援」「『千客万来つるみ』プロモーション」の3事業。増額された予算は、沿岸部など区内各地区へ設置されている「まるごとまちごとハザードマップ」の更新や修繕、区役所3階窓口への番号発券機の設置などに活用する。

CIQ契機に魅力PR

 今春、大黒ふ頭にCIQ施設(税関等)が開設され、大型客船などが停泊することを受け、観光の予算も増やす。先ごろ英語版を製作した観光冊子『ことりっぷ鶴見』の中国語版を作成、クルーズ客船への対応など、区内外への魅力PRを厚く展開していく。

 予算案は開会中の市会定例会で審議され、3月19日に議決される見通し。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6件

スプレーで描く百景が完成

馬場在住郷右近さん

スプレーで描く百景が完成

3月21日号

10年後へタイムカプセル

鶴見銀座

10年後へタイムカプセル

3月21日号

体育館にエアコン設置へ

横浜市

体育館にエアコン設置へ

3月14日号

原交番が廃止へ

原交番が廃止へ

3月14日号

大腸がん検診を無料化へ

横浜市

大腸がん検診を無料化へ

3月7日号

子どもと大人 対話で理解

3/25家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク