鶴見区版 掲載号:2019年3月14日号 エリアトップへ

横浜市 体育館にエアコン設置へ 夏までに数校で試験導入

教育

掲載号:2019年3月14日号

  • LINE
  • hatena
特別教室に取り付けられた空調設備
特別教室に取り付けられた空調設備

 猛暑などの環境変化から、エアコン設置の議論が熱くなっている。横浜市は市立学校体育館への空調設備設置を検討するため、2019年度当初予算案に500万円を計上した。技術的課題を調査しようと、暑さが本格化する夏までに複数校でモデル設置する方針だ。

 横浜市は2011年度に市立学校の「普通教室」へのエアコン設置に着手し、13年度に完了している。現在は使用頻度が高く、学校からの要望が多い図書室などの「特別教室」への整備を進めており、これも19年度には完了する見込みだ。

 教室へのエアコン設置がほぼ完了した横浜市は今後、事実上0%となっている「体育館」への設置を進める。これに伴い、19年度当初予算案に市立学校体育館へのエアコン設置調査・検討費として500万円を計上した。

背景に記録的猛暑

 体育館へのエアコン設置の背景には、近年続く記録的な猛暑がある。体育館は夏の時期も部活動などで使うことが多く、児童・生徒の健康を守る観点から学校関係者や保護者から設置を求める声が高まっていた。市会でも、地域防災拠点となっている市立学校体育館の機能充実を図る観点から議論されてきた。

財政面に課題も

 市教委によると、エアコンは簡易タイプ(100万円〜)から大型タイプ(4、5千万円)まであり、どの商品を選択するかで設置費用は大きく異なる。ただし、509校すべての市立学校に大型エアコンを導入するのは財政的なハードルが高く、市はこのほど、新設・建て替え校についてはエアコン設置を前提に進め、学校ごとに大きさや構造タイプの異なる既存校についての検証に入る方針を発表した。暑い時期のデータが必要なため、夏までに複数のモデル校を選び効果的な手法を探る予定だ。

 市の担当者は「快適な学校運営のため、まずは他都市の事例を参考にしながら技術的課題を検証していく。その上で20年度以降の設計・施工を目指したい」としている。

鶴見区版のトップニュース最新6

独自に避難所開設手引き

江ヶ崎町内会

独自に避難所開設手引き 社会

コロナ禍で作成進める 

7月22日号

改定で浸水想定約5倍に

内水ハザードマップ

改定で浸水想定約5倍に 社会

下水道の排水に限界も

7月22日号

オンライン保活相談開始

オンライン保活相談開始 社会

区職員発案 市内初の取組

7月15日号

倒産件数、上半期は大幅減

倒産件数、上半期は大幅減 経済

特別融資、支援金が下支え

7月15日号

通告・相談件数が過去最多

横浜市児童虐待

通告・相談件数が過去最多 社会

社会的関心の高まり背景

7月8日号

0円定食で学生支援

鶴見大学

0円定食で学生支援 社会

コロナ禍 収入減など理由に

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter