鶴見区版 掲載号:2019年3月21日号 エリアトップへ

馬場在住郷右近さん スプレーで描く百景が完成 横浜の魅力表現し20年

文化

掲載号:2019年3月21日号

  • LINE
  • hatena
郷右近さんと描いた作品
郷右近さんと描いた作品

 家庭用ペンキスプレーで横浜の風景などを描く郷右近健二さん=馬場在住=がこのほど、目標としていた百景を完成させ、4月3日から14日まで横浜市民ギャラリーで記念の展示会を開く。20年以上前から一つひとつ描いてきた集大成だ。

抽象画が夜景に

 郷右近さんは、市場中学校など、横浜市の学校で美術教諭として働いていた。生徒たちに教えていた絵具を網などに塗り、ブラシなどでこする「スパッタリング」という技法。自分でもペンキを使って抽象画を書き始めた。「これは横浜に見えるんじゃないか」と感じ、第一作となったのはみなとみらいの夜景だった。

 学校の文化祭時などに作品を作り、57で退職した時には22作品。その後は年に10枚などペースを上げ、中区で展示会も開催。「このままいけば百いけるのでは」と目標を立て、記念すべき百作品目がこのほど完成した。

こだわりの技法

 「手描きだとちゃっちくなる」。家庭用スプレーを使ったこだわりの技法で描く独特の作品。「今の雰囲気がいいのに変化してしまいそうな風景を描き留めている」と話す通り、実際に訪れた場所の写真をもとに描くことがほとんど。場所は山下公園といった観光の定番スポットから、国道駅、鶴見にあった居酒屋「かっぱ」など、区内のディープスポットまで様々。作品の下にはその場所を見つけた経緯などの手書きのコメントが載る。「足を長く止めてもらえるように工夫している」。

 入場は無料。時間は午前10時〜午後6時(最終日のみ午後4時まで)。期間中は、百作品全てと郷右近さんの芸術家仲間の作品も展示される。(問)イハヤサカさん【電話】090・9149・8811。
 

鶴見区版のトップニュース最新6

独自に避難所開設手引き

江ヶ崎町内会

独自に避難所開設手引き 社会

コロナ禍で作成進める 

7月22日号

改定で浸水想定約5倍に

内水ハザードマップ

改定で浸水想定約5倍に 社会

下水道の排水に限界も

7月22日号

オンライン保活相談開始

オンライン保活相談開始 社会

区職員発案 市内初の取組

7月15日号

倒産件数、上半期は大幅減

倒産件数、上半期は大幅減 経済

特別融資、支援金が下支え

7月15日号

通告・相談件数が過去最多

横浜市児童虐待

通告・相談件数が過去最多 社会

社会的関心の高まり背景

7月8日号

0円定食で学生支援

鶴見大学

0円定食で学生支援 社会

コロナ禍 収入減など理由に

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter