鶴見区版 掲載号:2019年3月21日号 エリアトップへ

3月13日付けで鶴見警察署の署長に就任した 須藤 正彦さん 鶴見中央在勤 58歳

掲載号:2019年3月21日号

  • LINE
  • hatena

守る、第二のふるさと

 ○…「異動先を知ったときは驚いた。ここは第二のふるさとだから」。鶴見工業高校出身で、学生時代は応援団長を務めていた。今でも区内の3大フェスには当時のメンバーも一緒の応援団・鶴団会として学ランを着て参加し、盛り上げている。「悪友も住んでいる。やりにくくも、楽しい日々になる」と嬉しそうな笑顔。「下町風情があって、とにかく思い入れの強い鶴見。愛すべき町を守れることは大きなやりがい」

 ○…旭区出身。「幼い頃はやんちゃだった」と笑う。学生運動が激しかった当時、横浜で見た機動隊員。「大きくて格好良かった」。殉職する隊員の報道なども見て、「自分もいずれはこの戦いに参加しなくては」と強く感じていた。県警に採用されてからは、憧れの機動隊へ。厳しい訓練の日々だった。日航機墜落や阪神淡路大震災、東日本大震災などの現場に立ち会ってきた。オウム真理教事件の時に上官から言われた「半分以上が帰って来られないかもしれない」という言葉は今でも忘れられない。「自分たちの汗や涙が治安維持につながっている。国を守っていると実感できた。それが生きがいだった」

 ○…趣味はウォーキング。今は鶴見の隅々を歩き、高校時代には知らなかった場所を発見しに回っている。「ただ歩くだけでなく、古い建物など、月日の経過や歴史を感じることが楽しい」。娘も警察署員として勤務。「生意気だけど、やっぱり可愛い」とはにかむ。

 ○…目指すは映画『ALWAYS 3丁目の夕日』に出てくるような人情味あふれるまち。「家に鍵なんてかけなかったし、それが人間社会のあるべき姿」。区民がまとまっていれば、犯罪は近づけない。そういった土壌を作りたい。熱い志と覚悟を持って、大好きな鶴見を守っていく。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

林 園子さん

冊子「どうぶつを飼うということ」のデザインとイラストを描いた

林 園子さん

馬場出身 25歳

10月17日号

鈴木 宏明さん

東寺尾ヒルズ84の住民の団体「J&B(ジジババ)会」のリーダーを務める

鈴木 宏明さん

東寺尾在住 66歳

10月10日号

毎川 直也さん

風呂デューサーを名乗り、矢向・尻手で都市湯治イベントを企画する

毎川 直也さん

大田区在住 32歳

10月3日号

森山 民雄さん

学校地域コーディネーターとして、共学舎の創設から関わる

森山 民雄さん

潮田町在住 71歳

9月26日号

藤田 健二さん

神奈川交流大会4連覇を果たしたローリングバレーボールチームのキャプテン

藤田 健二さん

金沢区在住 45歳

9月12日号

堀江 幹雄さん

豊岡商店街協同組合の理事長を務める

堀江 幹雄さん

豊岡町在住 70歳

9月5日号

前田 正博さん

陶芸家として活躍し、子ども向けワークショップなども開く

前田 正博さん

北寺尾在住 71歳

8月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク