鶴見区版 掲載号:2019年3月21日号 エリアトップへ

こまきち音頭を披露 住民ら 揃いのはっぴで楽しむ

文化

掲載号:2019年3月21日号

  • LINE
  • hatena
こまきち音頭を踊る住民ら
こまきち音頭を踊る住民ら

 駒岡地域ケアプラザと地域住民によって作られた「こまきち音頭」が3月9日、同ケアプラザの丘の上春祭りの中でお披露目された。

 こまきち音頭は、「引きこもりがちな高齢者を巻き込みたい」と考案された音頭。5年ほど前から職員や、近隣住民の力で作られてきた。踊りやすい振付に加え、1から3番まである歌詞には、「人は一人では生きられない」というメッセージが込められている。

 お披露目会当日は、地域住民約20人が参加。ケアプラザのキャラクター・こまきちがデザインされたはっぴを着て、大きな輪になって踊った。

 音頭の練習会から参加していた駒岡中町に住む女性(82)は「盆踊りは初めてで、誘われて参加した。踊りやすい曲だし、楽しい」と話し、「一人暮らしだから顔馴染みもできて嬉しい」と喜んだ。

 活動の中心として奔走し、作曲を担当した故・久松宣雄さんの妻である美江子さんは「色々な人の協力があってできた一曲。地域で広めてもらえれば」と話していた。

 今後、音頭は地域のお祭りなどで使われていく予定。
 

鶴見区版のローカルニュース最新6

2021 横浜市長選

2021 横浜市長選 政治

情報は7月16日時点

7月22日号

「一人でも多く救出を」

熱海市土石流災害

「一人でも多く救出を」 社会

派遣隊員が市長に活動報告

7月22日号

まち普請、区内2団体通過

まち普請、区内2団体通過 社会

2次に向け準備へ

7月22日号

鶴見川で水難救助訓練

横浜市ボート協会

鶴見川で水難救助訓練 スポーツ

万一に備え、共助学ぶ

7月22日号

関東防具空手 3人が優勝

関東防具空手 3人が優勝 スポーツ

寺尾・勝空会 選手たち躍動

7月22日号

走って防犯 ボクサー協力

走って防犯 ボクサー協力 スポーツ

鶴見中央・さくらジムら 県警からビブス

7月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter