鶴見区版 掲載号:2019年3月28日号 エリアトップへ

認知症カフェ・下町茶房の代表を務める 荻島 克子さん 汐入町在住 75歳

掲載号:2019年3月28日号

  • LINE
  • hatena

おちゃめな下町っ娘

 ○…潮田地域ケアプラザ前の認知症カフェ・下町茶房の発起人。毎回カフェで提供する様々な手作りのお茶菓子は参加者に「美味しい」と大人気だ。「私は代表なんて名ばかり。お茶菓子担当なの。自分の脳トレにもなるし」とおちゃめな笑み。

 ○…「鶴見の下町っぽさが大好き」と笑う自身は、生まれも育ちも鶴見っこ。潮田小、生麦中と通った。ホテルや銀行に勤めていたが、25年ほど前、頼まれて民生委員になったことがきっかけで福祉の世界へ。「頼まれたら断れない性格で」。潮田地域ケアプラザができると、仕事を辞め、サブコーディネーターとして働き始めた。その後も老人クラブ事務局、ヘルパー2級の資格をとるなど精力的に活動。「ちょっと足をつっこんだら、いつのまにか抜けなくなっちゃった」。今では高齢者にランチを提供するボランティア団体「おとめ座」や、「PPK─75」といった盆踊りグループを立ち上げるなど、活動は多岐に渡る。「おとめ座は昔乙女、今は姑という意味を込めて。PPKはピンピンコロリんの略。75は後期高齢者よ」。きらりと光るネーミングセンスからもおちゃめな人柄が溢れ出る。

 ○…休みの日は週一で夫とともにバスや私鉄を使って日帰りで旅行へ。今まで全国を旅してきたという。良いなと思っても同じ場所に二度は行かず、常に新しい感動を探しに行く。「外か、お布団の中が好きなの」 

 ○…「いずれ自分が認知症になっても、最初から優しくしてもらえる社会がいいなって」。街を歩いていると怒られている高齢者を見る。「怒っちゃだめって知ってほしい」。切に願う。「このカフェが認知症を地域で支える入口になれば。この地域に住んでいて良かったと思ってほしい」。優しい地域社会をつくるため、多くの人を巻き込んでいく。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

林 園子さん

冊子「どうぶつを飼うということ」のデザインとイラストを描いた

林 園子さん

馬場出身 25歳

10月17日号

鈴木 宏明さん

東寺尾ヒルズ84の住民の団体「J&B(ジジババ)会」のリーダーを務める

鈴木 宏明さん

東寺尾在住 66歳

10月10日号

毎川 直也さん

風呂デューサーを名乗り、矢向・尻手で都市湯治イベントを企画する

毎川 直也さん

大田区在住 32歳

10月3日号

森山 民雄さん

学校地域コーディネーターとして、共学舎の創設から関わる

森山 民雄さん

潮田町在住 71歳

9月26日号

藤田 健二さん

神奈川交流大会4連覇を果たしたローリングバレーボールチームのキャプテン

藤田 健二さん

金沢区在住 45歳

9月12日号

堀江 幹雄さん

豊岡商店街協同組合の理事長を務める

堀江 幹雄さん

豊岡町在住 70歳

9月5日号

前田 正博さん

陶芸家として活躍し、子ども向けワークショップなども開く

前田 正博さん

北寺尾在住 71歳

8月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク