鶴見区版 掲載号:2019年3月28日号 エリアトップへ

意見広告 『街の魅力』をアップして鶴見を未来へ 弁護士・自民党 横浜市連 青年局次長 山田かずまさ

掲載号:2019年3月28日号

  • LINE
  • hatena

 こんにちは。山田かずまさです。皆さんの『だいじなもの』は何ですか。

 『こどもたち』『家族』『仕事』『あんしん・安全』『街の歴史や記憶』『未来』。たくさんの人が住む、この鶴見には、その数だけの『だいじなもの』が溢れています。

 『政治』は、そんな、『だいじなもの』を「いつ」「誰が」「どんな方法で」守っていくのか、必死に丁寧に考えていく作業です。これまでの『だいじなもの』がずっとそこにあるように。未来のために『だいじなもの』がちゃんと生まれるように。横浜・鶴見の未来のために『政治』をきちんと考えていきたいと思っています。

鶴見区民の悲願!

 さて、鶴見区民の悲願は?と聞かれて真っ先にあがるのは、「中距離電車の鶴見への停車」です。

 この点、鶴見駅中距離電車停車等推進期成会を初めとする諸先輩方が、血の滲むような努力を重ねられ、少しずつですが「前進」しています。

 横浜市の予算に調査費がつき、平成25年から平成26年の調査で新ホーム設置は物理的に可能であるとの結論を得ました。これを踏まえて、本年開業予定の相鉄・JR直通線の鶴見駅停車の可能性も探られています。

やはり大事なお金の問題

 しかし、この世知辛い世の中で先立つものはやはり「お金」。

 200億円以上が見込まれる工事費の大半について、JR東日本は負担する意向がなく、いわゆる「請願駅」(地元の要望で設置される駅)として、横浜市が負担しなければならない模様です。

 横浜市は今後もJRと協議していくとしていますが、平成30年に策定された横浜市都市計画マスタープラン案(鶴見区)では、3か所ほど軽く触れられているのみ。

 やはり鶴見区民の熱意と、横浜市の本気度の間には、まだまだ差があるのかな?と思ってしまいます。

「街の魅力」で停めよう!

 しかし、同じ請願駅として実現した「武蔵小杉」への横須賀線停車による街の爆発的な発展・ブランドイメージの向上を目の当たりにした今、私たちの街を未来につなげていくために、あきらめるわけには行きません!

 今後も横浜市・JRへのアプローチを続けていくとともに、街の魅力アップを図り『「停めてください」じゃなく、その魅力で「停める」!』という気概で臨みたいと思います。この街は、まだまだできる。どんどんやれる。一緒に横浜鶴見の未来を考えましょう。

山田かずまさ

横浜市鶴見区寺谷1-3-2

TEL:045-584-1133

https://xn--u8juao8l136t994a.com/

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

真の共生社会へ盲ろう者支援が実現

ひでしの「実績で勝負」㊹県政報告

真の共生社会へ盲ろう者支援が実現

公明党 鈴木 ひでし

10月10日号

パートナーシップ制度導入へ

市政報告太'sレポート 96

パートナーシップ制度導入へ

横浜市会議員 公明党 尾崎太

9月26日号

自転車条例ルールブックを実現

ひでしの「実績で勝負」㊸県政報告

自転車条例ルールブックを実現

公明党 鈴木 ひでし

9月12日号

市民の意見も聞かない市長は許せませんカジノ誘致はやめるべきです!

市政報告

市民の意見も聞かない市長は許せませんカジノ誘致はやめるべきです!

日本共産党 横浜市会議員団 副団長 古谷やすひこ

9月5日号

中高年のひきこもりに理解を

市政報告太'sレポート 95

中高年のひきこもりに理解を

横浜市会議員 公明党 尾崎太

8月29日号

持続可能な発表の機会を

市政報告太'sレポート 94

持続可能な発表の機会を

横浜市会議員 公明党 尾崎太

7月25日号

障がい者の就労支援推進へ

県政レポートNo.1

障がい者の就労支援推進へ

神奈川県議会議員 ためや 義隆

7月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク