鶴見区版 掲載号:2019年3月28日号 エリアトップへ

意見広告 ”身を切る”改革を 日本維新の会 山本よしたか

掲載号:2019年3月28日号

  • LINE
  • hatena

教育・子育ての無償化

 大学生と政治の話をすると、「私達は年金をもらえるの?」という声を聞きます。

 子どもは減り続けています。そのため、妊娠・出産から乳幼児期までの各種支援の推進、高校までの教育、医療費の無償化、待機児童ゼロ、貧困や引きこもり対策など、しっかりと子どもを増やし育てていくことが結果的に年金対策になります。

介護する側も支援

 厚生労働省によれば、2025年には75歳以上の後期高齢者の割合が18%を超え、65歳以上だと30%を超えます。

 介護される側はもちろん、する側にも支援を行うことが大切です。急な用事の時にも気軽にお願いできるような介護サポーター制度や、力仕事の軽減・食事や入浴支援・見守りと話し相手になる介護ロボットの導入が望まれます。

 支援のためにはもちろん、財源が必要。政治家自身の身を切る政策など、覚悟を持って未来を改革していくべきです。

山本よしたか

神奈川県横浜市鶴見区市場大和町7-8 YS鶴見101号

TEL:080-4744-2038

https://www.yamamotoyoshitaka.com/

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

前へ。経済再生と女性支援

市長へ問う!横浜市会の一般質問から 市政報告みちよレポ【11】

前へ。経済再生と女性支援

横浜市会議員(自民党)東みちよ

6月17日号

「ガブテック」で利用しやすい公的サービスを実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」59

「ガブテック」で利用しやすい公的サービスを実現

公明党 鈴木 ひでし

6月10日号

水害リスクへの意識向上を

市政報告太'sレポート 116

水害リスクへの意識向上を

横浜市会議員 公明党 尾崎太

5月27日号

新鶴見橋-末吉橋間の人道橋着工へ

地域の問題”hot(ほっと)”かない 市政報告

新鶴見橋-末吉橋間の人道橋着工へ

横浜市会議員 自民党 わたなべ忠則

5月7日号

地道に地域課題を解決

市政報告太'sレポート 115

地道に地域課題を解決

横浜市会議員 公明党 尾崎太

4月29日号

三ツ池公園の充実第一弾健康遊具が実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」58

三ツ池公園の充実第一弾健康遊具が実現

公明党 鈴木 ひでし

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter