鶴見区版 掲載号:2019年4月18日号 エリアトップへ

横浜市 災害対応の協定締結 建築系2団体と

経済

掲載号:2019年4月18日号

  • LINE
  • hatena
協定を結び平原敏英副市長らと記念撮影する、市塗装事業協同組合(上)と県中小建設業協会横浜支部(下)
協定を結び平原敏英副市長らと記念撮影する、市塗装事業協同組合(上)と県中小建設業協会横浜支部(下)

 横浜市は台風・大雨や地震など災害時の応急措置の協力に関する協定を、横浜市塗装事業協同組合=磯子区=、県中小建設業協会横浜支部=鶴見区=と3月27日にそれぞれ結んだ。

 塗装事業協同組合との協定は、公共建築物が浸水被害を受けた際に汚泥の洗浄などを協力するもの。立澤明理事長は「協定は企業の社会的責任。今後も市民の安全安心に貢献したい」と話した。

 中小建設業協会との協定は大地震発生時の即時出動者の拡充・強化を図るもの。石井一也支部長は「専門業者の特性を活かしたい」と述べた。

鶴見区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で73人増

「学びと活動」テーマに講演

「学びと活動」テーマに講演 社会

NPO代表理事が登壇

6月17日号

地域住民と田植え体験

新鶴見小児童

地域住民と田植え体験 教育

米作り学ぶ

6月17日号

キリン技術員講師に

サイエンスフロンティア高

キリン技術員講師に 教育

生徒研究の助言

6月17日号

佃野に交流シェアスペース

合同会社ふくわらい

佃野に交流シェアスペース 社会

”地域活性の基地”に

6月17日号

二輪車の事故に注意

二輪車の事故に注意 社会

鶴見警察が啓発

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter