鶴見区版 掲載号:2019年4月25日号 エリアトップへ

健康づくり推進役に331人 「保活員」に委嘱状

社会

掲載号:2019年4月25日号

  • LINE
  • hatena
森健二鶴見区長(左)から委嘱状を受ける各地区代表者
森健二鶴見区長(左)から委嘱状を受ける各地区代表者

 区民の健康づくりの推進役を担う鶴見区保健活動推進員の委嘱式が、4月18日、鶴見公会堂で開かれた。

 保健活動推進員は、地域から推薦され、横浜市長から委嘱を受けた住民らが成る。今年度は区内17地区連合会と江ヶ崎町から計331人が委嘱を受けた。任期は2年。

 鶴見区保健活動推進員会の増子眞智子会長は「住み慣れた地域で楽しく健康に暮らすのは共通の願い。自ら実践して広めていきたい」と意気込みを語った。

 また、当日は鶴見区歯科医師会の佐藤信二会長による講演があり、推進員らに、健康のもとになる歯の重要性を解説した。佐藤会長は、オーラルフレイルという口腔内の虚弱状態が、身体の虚弱につながると説明。口腔機能の回復で歩けるまでになった男性のVTRを観て、会場からは驚きの声が上がっていた。

鶴見区版のローカルニュース最新6

レジ前に詐欺防止ステッカー

【Web限定記事】

レジ前に詐欺防止ステッカー 社会

クリエイト全店で

10月28日号

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者 1週間で8人増 市内2区が0人

喫茶好き25歳 歴史継ぐ

喫茶好き25歳 歴史継ぐ 文化

珈琲専門店山百合 閉店から一転、存続へ

10月28日号

ヤングケアラーを考える

ヤングケアラーを考える 社会

Zoomで30日

10月28日号

馬車道で音楽イベント

関内ホール

馬車道で音楽イベント 文化

10月31日公演に招待

10月21日号

還付金詐欺が増加傾向

区内振り込め等

還付金詐欺が増加傾向 社会

非接触の手口を利用か

10月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook