鶴見区版 掲載号:2019年4月25日号 エリアトップへ

4月1日に入船公園の所長に就任した 菅野 光喜さん 弁天町在勤 59歳

掲載号:2019年4月25日号

  • LINE
  • hatena

「楽しい」がいちばん

 ○…「そんな柄じゃないし、俺じゃないだろって笑っちゃったよ」。ユニークなイベントを企画し続けている入船公園。所長に就任しての感想をそう語るが、考えはしっかりある。職員にまず伝えたのは「笑顔でステージに立つ」こと。「公園はスタッフが演じる場所。パフォーマンス全て見られている。最大限もてなして楽しんで帰ってほしい」と真剣な眼差し。「今ハゲてる奴が何言ってんだって思ったでしょ」。面白おかしく、場を盛り上げる。

 ○…福島の山の中で育った。「クマが兄貴でウサギが妹だった」。高校卒業後、自動車の工場に勤務。40前半で実家の農家に戻り、果物を栽培。10年が経った頃、起こった東日本大震災。「いちごが1パック20円でしか売れなくなり、どうしようもなくなった」。働き口を探し、縁あって三浦スポーツ公園で公園管理の仕事を開始。接客業は初めて。自分にできるのかと感じていた。「今まではいちごに話しかけていたけど反応がなかった。それが、お客さんだと反応してくれるから嬉しくて。向いてるって思った」

 ○…毎日公園に来て発する第一声は「今日何して遊ぶ」だ。「嫌々会社に来てほしくない」。職員一人ひとりに気を配り、意見を吸い上げ、自発的に仕事ができる環境を作る。「神経質なところもあるのかも」。特徴を明るい職場作りに生かす。お酒もたしなみ、「人と腹割って話せるのも好き。自宅で一人酒して眠りに入るのも幸せ」とにやり。

 ○…「日本一の公園にしたい」。そのために大切にするのはお客さんの生の声。どんぐりポストやどんと焼きなど、これまでの企画も実際にお客さんの要望に応えたもの。「去年と違うと、来年はもっと期待してもらえる。それが嬉しい」。最上級の楽しいを求め、新しい公園を作り上げていく。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

郡 祐介さん

寺尾小学校おやじの会の2019年リーダーを務める

郡 祐介さん

東寺尾在住 44歳

6月13日号

石渡 務さん

鶴見郵便局の局長として活躍する

石渡 務さん

鶴見中央在勤 58歳

5月30日号

小倉 宏文さん

鶴見水上消防出張所長として水上消防救助隊をまとめる

小倉 宏文さん

大黒ふ頭在勤 45歳

5月23日号

木下 豊さん

鶴見図書館長に就任した

木下 豊さん

鶴見中央在勤 61歳

5月16日号

立澤 明さん

横浜市塗装事業協同組合の理事長で、横浜塗装工業(株)の代表取締役社長

立澤 明さん

鶴見中央在勤 60歳

4月18日号

荻島 克子さん

認知症カフェ・下町茶房の代表を務める

荻島 克子さん

汐入町在住 75歳

3月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク