鶴見区版 掲載号:2019年4月25日号 エリアトップへ

4月1日に入船公園の所長に就任した 菅野 光喜さん 弁天町在勤 59歳

掲載号:2019年4月25日号

  • LINE
  • hatena

「楽しい」がいちばん

 ○…「そんな柄じゃないし、俺じゃないだろって笑っちゃったよ」。ユニークなイベントを企画し続けている入船公園。所長に就任しての感想をそう語るが、考えはしっかりある。職員にまず伝えたのは「笑顔でステージに立つ」こと。「公園はスタッフが演じる場所。パフォーマンス全て見られている。最大限もてなして楽しんで帰ってほしい」と真剣な眼差し。「今ハゲてる奴が何言ってんだって思ったでしょ」。面白おかしく、場を盛り上げる。

 ○…福島の山の中で育った。「クマが兄貴でウサギが妹だった」。高校卒業後、自動車の工場に勤務。40前半で実家の農家に戻り、果物を栽培。10年が経った頃、起こった東日本大震災。「いちごが1パック20円でしか売れなくなり、どうしようもなくなった」。働き口を探し、縁あって三浦スポーツ公園で公園管理の仕事を開始。接客業は初めて。自分にできるのかと感じていた。「今まではいちごに話しかけていたけど反応がなかった。それが、お客さんだと反応してくれるから嬉しくて。向いてるって思った」

 ○…毎日公園に来て発する第一声は「今日何して遊ぶ」だ。「嫌々会社に来てほしくない」。職員一人ひとりに気を配り、意見を吸い上げ、自発的に仕事ができる環境を作る。「神経質なところもあるのかも」。特徴を明るい職場作りに生かす。お酒もたしなみ、「人と腹割って話せるのも好き。自宅で一人酒して眠りに入るのも幸せ」とにやり。

 ○…「日本一の公園にしたい」。そのために大切にするのはお客さんの生の声。どんぐりポストやどんと焼きなど、これまでの企画も実際にお客さんの要望に応えたもの。「去年と違うと、来年はもっと期待してもらえる。それが嬉しい」。最上級の楽しいを求め、新しい公園を作り上げていく。

鶴見区版の人物風土記最新6

林 園子さん

冊子「どうぶつを飼うということ」のデザインとイラストを描いた

林 園子さん

馬場出身 25歳

10月17日号

鈴木 宏明さん

東寺尾ヒルズ84の住民の団体「J&B(ジジババ)会」のリーダーを務める

鈴木 宏明さん

東寺尾在住 66歳

10月10日号

毎川 直也さん

風呂デューサーを名乗り、矢向・尻手で都市湯治イベントを企画する

毎川 直也さん

大田区在住 32歳

10月3日号

森山 民雄さん

学校地域コーディネーターとして、共学舎の創設から関わる

森山 民雄さん

潮田町在住 71歳

9月26日号

藤田 健二さん

神奈川交流大会4連覇を果たしたローリングバレーボールチームのキャプテン

藤田 健二さん

金沢区在住 45歳

9月12日号

堀江 幹雄さん

豊岡商店街協同組合の理事長を務める

堀江 幹雄さん

豊岡町在住 70歳

9月5日号

前田 正博さん

陶芸家として活躍し、子ども向けワークショップなども開く

前田 正博さん

北寺尾在住 71歳

8月29日号

プリンス電機㈱

環境や社会に取り組む施設、機器用照明の専門メーカー

http://www.prince-d.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク