鶴見区版 掲載号:2019年5月23日号 エリアトップへ

水道道で歌い続けて10年 男性合唱団 地域ボラも

文化

掲載号:2019年5月23日号

  • LINE
  • hatena
パートに分かれ、集中して練習
パートに分かれ、集中して練習

 水道道沿い・馬場の貸しスペースで歌い続ける男たちがいる。その名も「ウォーターロードシンガーズ」だ。

 同団体は、定年過ぎた近隣在住のメンバー10人前後が所属する男性合唱団。歌謡曲にフォークソング、童謡・唱歌など、選曲は様々。月に2回、練習を重ね、今年で結成10周年を迎えた。

 毎年、年末のコンサートに加え、潮田総合病院や馬場地域ケアプラザなどに呼ばれ、ボランティアとして発表も行っている。

 団長の鈴木文雄さんがこのスペースの完成時、「女性の教室は多いけれど、男性の習い事はなかなかない」と感じ、経験のあった合唱のグループを作ろうと仲間を募ったことがきっかけだった。

◇ ◇ ◇

 「もっと歌詞の意味を考えて、強弱をつけて歌って」。紅一点で講師を務める小城妙子さんは、音大で声楽を学んでいた。「スパルタだから」と笑いながらも「歌うことは楽しいし、健康にもつながる」と魅力を語る。

 「自分は低いパートで、普段聞いている曲も、メロディーパートとは違って一から覚えなくてはならないので大変」。メンバーの一人はそうもらした。最大で4部合唱になることもある。難しいが、だからこそ上手くいった時にやりがいがある。「体が言うことをきかなかったり、気分が沈んでいても、ここで歌えば帰るころには気持ちが晴れている」。練習中は笑いも絶えない。楽しみながら、彼らは歌い続ける。
 

鶴見区版のローカルニュース最新6

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月13日号

1日乗車券がICに

市営地下鉄

1日乗車券がICに 社会

紙は5月末で販売終了

5月13日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

5月13日号

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で40人増

脱炭素社会へ意見募る

脱炭素社会へ意見募る 政治

自民党がシンポジウム

5月13日号

横浜の魅力、動画で紹介

横浜の魅力、動画で紹介 文化

ユーチューブ等で配信

5月13日号

川崎市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter