鶴見区版 掲載号:2019年5月23日号 エリアトップへ

鶴見区運営方針 「愛着」向上を目ざす 地域強化、経済活性など柱に

社会

掲載号:2019年5月23日号

  • LINE
  • hatena

 鶴見区(森健二区長)はこのほど、2019年度の区政運営方針を発表した。今年度は、7年前から継続してきた基本目標を一新。「いつまでも住み続けたいまち・鶴見」を掲げ、達成に向けた施策を展開する。

 目標は、地元への愛着が低いという市民意識調査の結果を受け、改善の意味も込めて設定。それに合わせ、達成に向けた施策の柱も見直した。

 これまで「安心」「ぬくもり」「活力」という3体系だった柱は、「地域力の強化」「区内経済・活力の向上」「子どもから大人まで安心・元気に」「区民サービスの向上」の4体系に変更。区独自の事業は、防災・防犯などの地域力向上や、大黒ふ頭の客船ターミナル化などを契機とした区内経済活性化、全年代が住み続けるための子育て・高齢者支援策など、30事業を実施する。

各課で目標設定

 今年度、新たに追加された「区民サービスの向上」は、「区民と職員の双方に向けたメッセージ」と作成した区政推進課は話す。区の運営方針は、区民サービスを向上させるために職員が何をするか、方針を示すもので、初心に立ち返った形だ。

 今方針では、総務や地域振興、といった区役所各課と、消防署や土木事務所など、各行政セクションの目標を記載した。

 「区民のために各人が宣言することで、一人ひとりが自覚を持てる職場になれば」としている。
 

鶴見区版のローカルニュース最新6

鶴見川一斉清掃に100人

鶴見川一斉清掃に100人 社会

桜緑化委員会ら有志集う

12月2日号

福祉用具無料で体験

「防センジャー」から出題

市民防災センター

「防センジャー」から出題 社会

6問答えて商品ゲット

12月2日号

3代目「まもり」就役

横浜市消防艇

3代目「まもり」就役 社会

最新鋭の設備搭載

12月2日号

パンフ掲載店を募集

#うちメシ応援プロジェクト

パンフ掲載店を募集 文化

9日まで

12月2日号

食事券が販売再開

Go To Eat

食事券が販売再開 経済

コンビニやLINEで

12月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook