鶴見区版 掲載号:2019年6月13日号 エリアトップへ

ひでしの「実績で勝負」㊶県政報告 子どもの命を守るゾーン30の日を強化 公明党 鈴木 ひでし

掲載号:2019年6月13日号

  • LINE
  • hatena

 滋賀県大津市で発生した園児死亡事故をはじめ、ここ最近多くの子どもたちが事故に巻き込まれています。隣接する川崎市登戸の事件もあわせ、毎日のように未来ある子どもたちに関するニュースを目にするたび、私も心を痛めております。

 大津の事故を受け、私は神奈川県警に見守り強化を直訴。そのかいもあり、先日、県下一斉見守りが行われ、私も視察してまいりました。通学路などで子どもを守る「ゾーン30」の県内導入に尽力した身として、活動をご報告いたします。

4年前に実現

 「ゾーン30」は、埼玉県で2006年、生活道路を走行中の車が、保育園児らの列に突っ込み、21人が死傷した事故をきっかけに導入されました。定められた区域内では、速度制限を時速30キロとするもので、全国的に拡大。2012年、神奈川県内でも整備が始まり、現在は221カ所の区域が指定されています。

 これまでも多くの保護者や関係者らから、通学路の安全対策などの要望を頂く中、私はこのゾーン30をもっと周知させようと、毎月30日を「ゾーン30の日」に制定することを提唱。2015年に実現させました。

 今回の見守り活動もこの一環として実施されたものです。これまで、「通学時間帯における白バイ等による児童等子どもの見守り活動」「高齢者利用施設周辺における保護誘導活動」「交通指導取締り活動」が主な活動でしたが、今回これに保育園児の散歩の見守りが加わった形です。

 警察官の姿が街頭にあることは、さまざまな面で抑止力につながるため、月に一度でもしっかりアピールすれば、一定の効果は見込めると思います。

人身事故が3割減

 警察庁によると、道路で車と衝突した際の歩行者の致死率は、時速50キロ代で16・6%に上るものの、30キロ未満になると0・9%にまで減少することがわかっています。

 また、同庁が全国691カ所のゾーン30区域を調査したまとめでは、整備前後で、人身事故が約3割減少したという結果もあり、事故抑止に効果があることも証明されています。

 生活道路は抜け道などに使われるケースも多く、スピード抑止は重大事故を守るためにも必要不可欠。園児や児童、子どもたちの小さな命を守るのは、大人の使命とも言えます。実現させた「ゾーン30の日」をはじめ、さまざまな面から県民の命を守る施策実現に全力を注いでまいります。

警察官による散歩する保育園児の見守りを視察=磯子区。園児の小さな足も考えながら対策が必要と実感しました
警察官による散歩する保育園児の見守りを視察=磯子区。園児の小さな足も考えながら対策が必要と実感しました

鈴木秀志

横浜市鶴見区豊岡町14-27

TEL:045-580-2830
FAX:045-580-2831

http://www.hideshi-suzuki.com/index.html

6/24家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

初心忘れず、負託に応える

市政報告太'sレポート 92

初心忘れず、負託に応える

横浜市会議員 公明党 尾崎太

5月30日号

「動物愛護」の提案が実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」㊵

「動物愛護」の提案が実現

神奈川県議会議員 公明党 鈴木 ひでし

5月1日号

次の4年間も”実績重視”で

市政報告太'sレポート 91

次の4年間も”実績重視”で

横浜市会議員 公明党 尾崎太

4月25日号

『街の魅力』をアップして鶴見を未来へ

意見広告

『街の魅力』をアップして鶴見を未来へ

弁護士・自民党 横浜市連 青年局次長 山田かずまさ

3月28日号

「中学校給食」「カジノ反対」に決着を

みなさんの声を力に 市政報告

「中学校給食」「カジノ反対」に決着を

日本共産党 横浜市会議員団 副団長 古谷やすひこ

3月28日号

具体的な行動で政策実現を

市政報告太'sレポート 90

具体的な行動で政策実現を

横浜市会議員 公明党 尾崎太

3月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月20日号

お問い合わせ

外部リンク