鶴見区版 掲載号:2019年6月20日号 エリアトップへ

横浜環境活動賞 市場の住民花壇が受賞 東芝グループ社も

社会

掲載号:2019年6月20日号

  • LINE
  • hatena
春先に満開になる菜の花(写真は過去)
春先に満開になる菜の花(写真は過去)

 鶴見川河川敷の花壇を維持・管理する市民団体「リバーサイドガーデン・フラワーズ」ら区内1団体と1社が、6月13日、「第26回横浜環境活動賞」を受賞した。有志による日々の活動が評価されたリバーサイドのメンバーらは「励んできて良かった」と喜んでいる。

 横浜環境活動賞は地域で様々な環境活動を積極的に行っている団体・企業・学校を横浜市が表彰する制度だ。1993年から毎年行われている。

 26回目となる今回は、市民の部で5団体、企業の部で4社、児童・生徒・学生の部で3団体の全12者が受賞。鶴見区からは、市場地区自治会連合会の住民らから成る「リバーサイドガーデン・フラワーズ」が市民の部の実践賞、その技術で持続可能な社会に貢献している「東芝環境ソリューション(株)が企業の部で実践賞に輝いた。

30年以上前から

 リバーサイドガーデンは、旧東海道の鶴見川橋付近、市場中そばにある河川敷に整備された花壇。始まりのきっかけは、ゴミの不法投棄だった。予防のために美しい景観を作ろうと、同連合会が30年以上前から整備を開始し、管理してきた。

 同団体の発足は、5年ほど前。維持が滞りがちになってきた花壇を復活させようと結成された。連合会から派生したボランティア団体として活動を継続。春は菜の花、秋にはコスモスを植え、2年前の区制90周年の際に作られた「鶴見みどころ90」にも選定されるなど、季節ごとに美しい景観を保っている。

 表彰は、市民による自発的な活動であることや、住民の憩いの場づくりとともに、不法投棄防止にも貢献していることなどが評価された。同団体メンバーは、「活動が認められて嬉しい。地域の散歩コースとしても愛されているので、今後もしっかり維持していければ」と話した。

 企業の部実践賞の東芝環境ソリューション(株)は、東芝グループの企業。リユース・リサイクル技術と環境再生エンジニアリング技術を融合し、低炭素社会や持続可能な社会の実現に貢献している。サポートする企業への分別指導や、行政への届け出指導の実施なども評価された。

鶴見区版のトップニュース最新6

市内に特設交付拠点

マイナンバーカード

市内に特設交付拠点 社会

市、21年度に向け検討

1月21日号

樹名板に二次元コード

馬場花木園

樹名板に二次元コード 文化

情報発信を強化

1月21日号

“食”で留学生など応援

“食”で留学生など応援 社会

地元企業3者がコラボ

1月14日号

「敵はコロナ」 共同でチラシ

区内個人飲食店

「敵はコロナ」 共同でチラシ 経済

鶴見中央7店 販促シェア

1月14日号

地域活性化へ“新様式”模索を

区長インタビュー

地域活性化へ“新様式”模索を 社会

前例とらわれず、区民とともに

1月7日号

石川区連長に総務大臣賞

石川区連長に総務大臣賞 社会

自治会での功績に評価

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク